スポンサーリンク

「モヤモヤ」と「むしゃくしゃ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「モヤモヤ」と「むしゃくしゃ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「モヤモヤ」「むしゃくしゃ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「モヤモヤ」とは?

「モヤモヤ」は釈然としない感情を指す言葉で意味合いにおいては、不安や疑念を持ち気持ち自体が晴れないことです。

この時、「モヤモヤ」という感情は対象人物がいる場合塗装ではない場合があり、対象人物がいる場合、対象者に対して不安や疑念を持ち晴れない不安要素を持ったとします。

「モヤモヤ」の使い方

「モヤモヤ」という言葉は、晴れない何かという対象があって成立します。

例えば、「モヤモヤ」という感情を持った場合、その感情を持つ対象者が父親であると想定すると父親に対して何か不満や不安疑念を持ってしまったということを「モヤモヤ」という言葉で表現できるのです。

「むしゃくしゃ」とは?

「むしゃくしゃ」はいら立ちを表す言葉でイライラしている際に用います。

良く「むしゃくしゃしてやった」という言葉がありますが、あれはイライラしたのでやったという解釈になるのです。

「むしゃくしゃ」の使い方

「むしゃくしゃ」という言葉を使うのは、いらいらした場合、直接イライラしていると表現するには抵抗がある場合、「むしゃくしゃ」という言葉に置き換えイライラしていると表現します。

ただ、「イライラしている」と直接言う人物もいますので「むしゃくしゃ」は表現上マイルドにイライラを言い換えますが言い換えない方も多い言葉です。

「モヤモヤ」と「むしゃくしゃ」の違い

「モヤモヤ」「むしゃくしゃ」の違いは、対象となるもののストレスの度合いが異なり、「モヤモヤ」は義演を持っている状態であるためまだ、この段階では強いストレスは感じてません。

ですが、「むしゃくしゃ」という表現をされた場合、対象人物はイラ立っておりストレスを抱えているとしますので違いはストレスの度合いが異なるのです。

「モヤモヤ」の例文

・『この心のモヤモヤは何だろう』
「モヤモヤ」は心的にストレスを感じているのですが強いストレスではなく、対象に疑念を持つ場合や不安を持った場合、この表現をします。

この例では、「むしゃくしゃ」と表現してないため、まだ心的ストレスは対象者に対し、疑念を持った程度です。

「むしゃくしゃ」の例文

・『むしゃくしゃしてやった』
この例文は、イラ立ちを隠すことができず、ついやってはいけないことをしたという例です。

この言葉はよく、イライラした人物が犯罪行為を行った後口にする言葉です。

まとめ

「モヤモヤ」「むしゃくしゃ」ですが、違いは対象となるもののストレスの度合いです。

「モヤモヤ」は言うほどストレスを強く感じてませんが不安や疑念を持っています。

一方、「むしゃくしゃ」は強いストレスを感じているため場合によっては対象者は犯罪行為に走らないとも言い切れないです。

その為、よく、「むしゃくしゃしてやった」と犯罪者の方が述べるのは強いストレスを感じたので仕方なく犯罪行為を働いたと解釈します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典