スポンサーリンク

「ヤクザ」と「暴力団」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ヤクザ」と「暴力団」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ヤクザ」「暴力団」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

これらの言葉は、耳にしたことがある人は多いと思いますが、実際にはどのような違いがあるのかは、よく分からないという人も多いはずです。

今回はこの2つの言葉の詳細を取り上げます。

スポンサーリンク

「ヤクザ」とは?

最初に「ヤクザ」の意味をご説明致します。

「ヤクザ」とは、法律を犯して、それで得た金で生活している人間を指しております。

暴力団組員などが分かりやすい例になります。

また、生活態度がなっていない者や、役に立たないと判断できる物や人の事も指すのです。

尚、「ヤクザ」の語源は、賭けのサイコロで、一番悪い目が出てしまったことから、「役に立たない遊び人」ということから言葉が派生し、「ヤクザ」となりました。

「暴力団」とは?

次に「暴力団」(ぼうりょくだん)の意味を解説していきます。

「暴力団」の場合は、殺人や人身売買、暴力、恐喝などを生業としている、反社集団となります。

また、それに協力する者や関係者も、暴力団構成員として認識されることもあるのです。

昨今では暴力団対策法などが整い、締め付けが非常に厳しいが、インテリヤクザなどは、合法的に金儲けをしているので、摘発などが難しい場合もあります。

「ヤクザ」と「暴力団」の違いとは?

ここでは「ヤクザ」「暴力団」の違いを取り上げてみましょう。

「ヤクザ」とは、生活態度や仕事の内容などが、まともじゃないことや人を指しております。

昔は、博打打や、遊び人を「ヤクザ」とし、サイコロの目が一番最低なものが出たことから、「役に立たない」ということから、「ヤクザ」という言葉が誕生したのです。

一方で「暴力団」というのは、組織的に犯罪行為をして、多大な資金を集める反社集団です。

その犯罪行為は、殺人や暴行、恐喝などの多岐に渡りますが、合法的に先物取引や株売買、不動産などで収入を得るインテリヤクザも存在します。

昔は、任侠精神を持つ人も多かったようですが、いつからか、拝金主義で、お金儲けを一番とする組織に変わっていったのです。

「ヤクザ」を使った例文

ここでは「ヤクザ」を使った例文を書いていきます。

・『ヤクザになりたい若者も減っている』

・『ヤクザを舐めていると、後で痛い目にあう』

・『やっぱりヤクザは怖い』

・『警察とヤクザは紙一重だ』

・『ヤクザも大分減少傾向です』

「暴力団」を使った例文

最後に「暴力団」を使った例文を書きます。

・『暴力団の構成員は社会保障は何もない』

・『暴力団の資金源は芸能界も、かなりの割合を占めている』

・『今の暴力団は任侠精神はないだろう』

・『暴力団の組長にもなると、金持ちで、非常に紳士な人が多い』

・『やはり暴力団は怖いと思う。怒らせたら命はないだろう』

まとめ

まとめとして、「ヤクザ」とは、生活態度や生業などがなく、遊び惚けて役に立たない無職の人です。

もちろんですが、暴力団員もカウントされます。

「暴力団」は、犯罪行為でお金を稼ぐ、反社集団を表しております。

殺人や人身売買の違法行為から、合法的に飲食店や不動産を経営している者も存在しているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典