スポンサーリンク

「ラフになる」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ラフになる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ラフになるの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

ラフになるとは?意味

ラフになるとは、気楽な気持ちになるという意味があります。

「ラフ」は形容動詞を連用形とし、「なる」が動詞となるこの言葉は、堅苦しいことは考えずに、そのつらい状況から脱却して、気軽に考えられる状況になるという意味合いもあります。

厳しい現実にいつまでも悩まされていると人はストレスを抱えてしまい、前向きにはなれません。

なら、その状況から思い切り飛び出して、楽な気持ちになりましょうという気持ちを表した言葉なのです。

ラフになるの概要

細かいことを気にせず、大まかに考えるとき「ラフになる」と言い表し、自分がいかに気楽な状態になったかを伝えられます。

いつまでも同じことに執着していると偏った発想しかできませんが、気軽になることで開放感に包まれるため、自由な発想ができるようになり、斬新で新しいものを生み出せる人になれるわけです。

「簡単」という意味がある「ラフ」には、簡素な作りのため詳細が書かれていないので分かりにくい情報であって困るときに使える言葉でもあります。

ラフになるの言葉の使い方や使われ方

自分が困難な状況であるとき、その現実から抜け出し、楽になりたいという人の気持ちを表すときに使います。

使い方としては「このコートは重いから脱いでラフになる」「この渋滞した道路を抜け出しラフになる」と言い、ちょっとした身近にある緊迫した状態から抜け出し、肉体的に楽になろうとする人の行動を表す言葉です。

また、大まかに書かれている地図では国道や県道しか書かれていないため路地裏にある店に辿り着けませんし、説明書も詳しく書かれていなければ複雑な機能や性能について分かりません。

そのようなとき「ラフに書かれていて詳細がよく分からないので困った」と使い、使えないという残念な気持ちを表します。

精神的に気軽になりたいと思う場合は「親が亡くなっても考え込まないことでラフになる」「恋人と喧嘩しても他のことを考えるようにしてラフになる」と使います。

嫌なことがあってつらいと感じて酷く落ち込んでも、気持ちを楽にするために他に楽しいことを考えたり、行動して明るく前向きに生るために工夫します。

ラフになるを使った例文(使用例)

・ラフになることで私は長年悩んでいたことから抜け出せた。

・帯がお腹を締め付けて苦しかったので服に着替えてラフになると気分が良くなった。

・職場で悪口を言われてつらかったが思い切って退職してラフになると気が楽になった。

長年の悩みは人の気持ちを暗くしますが、考え込まないようにすることで前向きな明るい気持ちになります。

また、服がきついときは大きなサイズに着替えたり、帯を緩めることでその苦しい状況から簡単に楽になります。

そして、職場やSNSで悪口を言われてつらいときは登録をやめるのも気楽になる方法です。

まとめ

つらい状況から抜け出せば、新しい発想が生まれたり、人生を前向きに歩けるようになるのです。

深く考えてばかりいると人は暗い気持ちになったり、いい発想ができずに職場でも仕事が思うように進まないことがあります。

そんなことにならないためにも、行き詰ったときはラフになることが生きるうえでとても大切なことであり、長生きできる秘訣となるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典