スポンサーリンク

「ランジェリー」と「下着」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ランジェリー」と「下着」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ランジェリー」「下着」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ランジェリー」とは?

「ランジェリー」は、女性が肌に近い所に身に付ける、装飾のついた衣類のこと。

以下に説明する「下着」の一種で、英語では“lingerie”と表記します。

「ランジェリー」は、ポリエステルやサテンなど生地の薄い素材を用い、レースやフリルなどをあしらった女性らしいデザインが特徴です。

基本的には、スリップ、キャミソール、ベビードールといった、ブラジャーやショーツの上に重ね着するものを指します。

ただし、直に肌に身に付けるブラジャーやパンティでも装飾に重きを置いたものは「ランジェリー」と呼ばれることがあります。

「ランジェリー」は人前であらわにするものではなく、衣類のすべりを良くするため上着の内側に着る、プライベートタイムや就寝時に着る目的で身につけるものです。

衣類として体を保護する機能はなく、見えないところのおしゃれを楽しんだり女性らしい雰囲気を楽しんだりするため利用されています。

「下着」とは??

「下着」とは肌の上に身に付ける衣類のこと。

「インナーウェア」とも呼ばれ、汗や皮脂などで上着が汚れるのを防ぐ、保温性を高める、体型を整える、などの目的で用いられます。

素材は綿、ポリエステル、シルクなどが多く、肌触り、吸湿性の良いところが特徴です。

上着が汚れるのを防ぐ目的で身に付ける「肌着(アンダーウェア)」にはショーツ、シャツ、ブリーフがあります。

また、体型を整える「基礎下着(ファンデーション)」にはブラジャー、ガードル、ボディスーツなどがあり、主に女性が着用します。

「ランジェリー」「下着」の一種です。

「下着」は機能性やデザイン性を重視したものなど多種多彩で、ファッション性の高いものも増えてきました。

あくまでも上着の内側に着用するものであり、外出先で「下着」を露出させることや「下着」だけ着ることは許容されていません。

「ランジェリー」と「下着」の違い

「ランジェリー」「下着」の違いを、分かりやすく解説します。

「下着」は、肌に直に身につける衣類の総称。

「ランジェリー」「下着」の一種で、装飾のついた女性用の衣類です。

「下着」は、男女が上着の内側に着用する機能性の高い衣類、対して「ランジェリー」は機能性より装飾性を重視した女性用の衣類、といった違いがあります。

まとめ

「ランジェリー」「下着」の違い、「ランジェリー」は女性用の衣類で「下着」の一種であることを説明しました。

下着にはさまざまな種類があるので、ぜひ正しく使い分けをしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典