スポンサーリンク

「ランドマーク」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ランドマーク」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ランドマーク」の意味を分かりやすく説明していきます。

「ランドマーク」にはどのような意味があり、どのような使われ方をするでしょうか。

スポンサーリンク

「ランドマーク」とは?意味

「ランドマーク」「landmark」と英語表記します。

「ランドマーク」「地上の目印」という意味があります。

また「その土地の目印や象徴になるような建造物」という意味があります。

例えば、観光地を思い浮かべる時に、真っ先に思い浮かぶ建造物があるかもしれません。

そのような場合は、「○○のランドマーク」などと言うことができます。

「ランドマーク」の概要

地域を活性化させるために、各市区町村などに、観光エリアを作り、そこを象徴するような、建物を築くことがあります。

例えば、東京都を象徴するような建造物はいくつもあり、その建造物は、それぞれのエリアで「ランドマーク」となっています。

例えば、東京都港区には、「東京タワー」があります。

「東京タワー」は、港区はもちろん、東京都を想像したときに、すぐに思い浮かぶような象徴的な建造物のため、「ランドマーク」と呼ばれます。

また、新宿区を思い浮かべたときに、すぐに頭に浮かんでくるのが「都庁」かもしれません。

そのため、都庁は新宿区の「ランドマーク」と言えるのではないでしょうか。

このように全国各地にある、その土地を象徴する建物を、「ランドマーク」と呼びます。

「ランドマーク」の言葉の使い方や使われ方

札幌に観光旅行に行くとき、いくつかの建物を目指していくのではないでしょうか。

例えば、「札幌時計台」があります。

札幌時計台は、札幌市を象徴するような建造物のため、「ランドマーク」と呼ばれます。

そのため、「札幌市のランドマークのひとつが、札幌時計台だ」などという文章を作ることができます。

「ランドマーク」の類語や言いかえ

「ランドマーク」の類語には、「目印(めじるし)」があります。

「目印」には「目標となる物」という意味があります。

例えば、駅に向かって歩くときに、目標になる建造物を目指して歩くかもしれません。

このような場合は、「駅に行くため目印となるビルを目指して歩く」などという文章を作ることができます。

また「シンボル」という言葉も「ランドマーク」と似ています。

「シンボル」には、「象徴」という意味があります。

例えば、ハトは、平和の象徴とされています。

そのため、「ハトは平和のシンボル」などという文章にできます。

他に「象徴(しょうちょう)」も、「抽象的な思想や観念事物などを、具体的な事物により、理解しやすい形で表現すること」という意味があり、似た言葉と言えます。

まとめ

「ランドマーク」という言葉について見てきました。

ある都市やエリア、国などを象徴する建造物がある場合、それは「ランドマーク」と呼ばれます。

「ランドマーク」はそのエリアの観光名所でもあり、そのエリアに欠かせない、重要な機関かもしれません。

そのような建造物を見つけた場合は、「ランドマーク」という言葉を使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典