「リスケ」と「ドタキャン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リスケ」と「ドタキャン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リスケ」「ドタキャン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リスケ」とは?

「リスケ」「約束や予定の日程を変更すること」という意味です。

ビジネスで使われることが多く、前もって予定していたものごとの都合が悪くなり、日程を変更することです。

「リスケ」「リ・スケジュール」を略した言葉で、英語で「re-schedule」と書きます。

金融用語で住宅ローンや融資などの返済期日を変更する時や、ビジネスでのあらゆるスケジュールを変更する時など、幅広く使われます。

基本的に、元の予定を組み直す必要がある為に、良くない意味で使われることも多くあります。

「会議がリスケになりました」と言う場合、出席者の予定を再度調整したり、場所のセッティングし直すなど、手間がかかることを表します。

「ドタキャン」とは?

「ドタキャン」は、「当日急に取り止めること」という意味です。

「ドタキャン」「土壇場でキャンセルする」を略した言葉で、スラングとしてビジネスから日常まで幅広く使われています。

予定が決まっていて当日正に実行する直前に、イベント自体が中止になったり、あるメンバーが急に欠席する時に使われます。

「ドタキャン」をすると他の参加者から不評を買うこともあり、悪い意味で使われる言葉です。

「リスケ」と「ドタキャン」の違い!

「リスケ」「約束や予定の日程を変更すること」です。

「ドタキャン」「当日急に取り止めること」です。

まとめ

今回は「リスケ」「ドタキャン」の違いをお伝えしました。

「リスケは予定の組み直し」「ドタキャンは急な取り止め」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典