スポンサーリンク

「リストランテ」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リストランテ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リストランテ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リストランテ」とは?意味

「リストランテ」とはイタリア語でレストランを意味する「Ristorante」がカタカナ語として定着した言葉です。

元々はイタリアでは「リストランテ」はレストラン・飲食店の中でも有名なシェフがいたり、正装を求められるような高級な店を指す言葉です。

しかし日本で「リストランテ」と称している店は、少しカジュアルな店もあり、広くイタリアレストランの意味で使われているケースも見受けられます。

「リストランテ」の概要

前項で記載した様に、「リストランテ」は高級レストランを指す言葉で、イタリアではレストランとして「リストランテ」の他に、以下のように区分して呼ばれています。

まず日本でもしばしば聞く「トラットリア」「リストランテ」ほどの高級感はないけれど、前菜からフルコースで料理を提供する店を指します。

また「タベルナ」は、小料理を提供する小規模な居酒屋風の店を意味します。

この「タベルナ」はもともとはギリシャ語から来ているので、この店の呼称はギリシャでも用いられています。

「リストランテ」「トラットリア」「タベルナ」の順に高級からカジュアルの区分になっていると言えます。

ただし、イタリア国内でも必ずしもこの順できっちりと呼称されている訳ではありませんし、カタカナ語として日本でこれらの呼称を使っている場合にも、同じ事が言えます。

ちなみにピザ専門店は、イタリアでは「ピッツェリア」と呼ばれています。

イタリア旅行をされる場合には、レストランは「Ristorante」と考えて店を探されると、余りにも高級な店で驚く結果となりかねません。

「リストランテ」「トラットリア」「タベルナ」の順に手軽な店となり、安く上げたいなら「ピッツェリア」を利用すると、使い分けられるように、呼称がいくつもある事を覚えておかれると良いでしょう。

「リストランテ」の言葉の使い方や使われ方

「リストランテ」の言葉は、『リストランテはイタリアでは高級レストランを指しますが、日本では必ずしも高級店とは限らず、先日入った店は、本当にカジュアルな店でした。』や『最近、この辺りには「リストランテ**」と名付けたイタリア料理店が増えています。』の様に使われます。

「リストランテ」の類語や言い換え

「リストランテ」の類語や言い換えとしては、「イタリアレストラン」「高級イタリアレストラン」「イタリア料理店」などが挙げられます。

まとめ

「リストランテ」とはイタリア語でレストランを意味する「Ristorante」がカタカナ語として定着した言葉です。

イタリアでは「リストランテ」は高級なレストランを指しますが、日本では広くイタリアレストランの意味で使われているケースも見受けられます。

また、イタリアではレストランは高級店からカジュアルな店へ、「リストランテ」「トラットリア」「タベルナ」と、区分して呼ばれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典