スポンサーリンク

「リセールが高い」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リセールが高い」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リセールが高い」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リセールが高い」とは?意味

中古販売店で売る価格が高いものと言う意味で、新品で買う価格との中古販売店で売る際の価格差が少ない物を指します。

中古販売市場が盛んな自動車で特に使われる言葉で、マンションやジュエリーなどでも使われる言葉です。

リセールバリューが高いという言葉も同じ意味合いとなっています。

「リセールが高い」の概要

自動車であれば基本的には人気車種、人気グレードの方がリセールが高くなっており、海外で人気・もともと高額である、モデルチェンジの周期が長いという点ではランドクルーザーという車種がリセールが高いということで話題に挙げられます。

色に関しては白、黒、銀の人気色がリセールが高いという見方はほとんどの車に適用可能です。

また、新しいほうがリセールが高いということに関してはあらゆる中古販売が可能な製品で共通の概念と言えるでしょう。

本に関しても人気の作品のほうがリセールが高いとされますが、もともとそれほど高額商品ではないという問題が有り、あまりリセールが高いとは言わない商品です。

非常にリセールが高い、割とリセールが高いなど強調する言葉をつけることも可能です。

リセールが高いという概念は美術品などの珍品で購入した価格より高く売れたというケースではあまり使われません。

また、一度買って数十年保管してまた売るというような歴史的価値を追加することを意図することもリセールが高いとは言わない行為です。

転売行為はある意味リセールが高いと言えるのですが、行為のモラル面の問題が有り、こちらも言葉としては使われません。

「リセールが高い」の言葉の使い方や使われ方

「リセールが高い人気の洋服」「リセールが高い時期も考えて早い時期に社用車を新車にした」「リセールが高いので新しい車が安く買えた」などの使い方があります。

リセールはユーザー側が現金を得られ、高いということでポジティブな使われ方が多くなっており、中古販売店側から考えた「リセールが高い」物を購入することは人気商品が入荷されるという意味合いになります。

購入したタイミング、売れた価格、人気などがこの言葉を使う際によく使われます。

「リセールが高い」の類語や言いかえ

「リセールが良い」「リセールバリューが高い」「高く売れる」「高値買取してくれる」別の製品を同時に購入する必要があるの類語では、「いい値段で下取りしてくれる」などが言い換えの言葉として挙げられます。

対義語は「リセールが安い」「低い」「安値」などの方向の言葉になります。

まとめ

「リセールが高い」品物は中古販売店で高値で売れるという意味であり、使う価値だけではない価値観と言えます。

とは言えきれいに使っている、新品に近いほうがリセールが高いという基本は何であっても共通です。

中古販売市場が盛んになっている自動車やマンション、貴金属などはある程度リセールが高いかどうかを調べることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典