スポンサーリンク

「リボ払い 」と「キャッシング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リボ払い 」と「キャッシング」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リボ払い」「キャッシング」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リボ払い」とは?

「リボ払い」とは、リボルビング払いの略語です。

一般的には、クレジットカードで商品等を購入した場合に、毎月の支払額を一定の金額に固定して、金利と共に返済していく方式を指す言葉です。

もう少し詳しく説明すると、クレジットカードの返済方式としては、1回払いや分割払いと言う方式もありますが、これとは違って回数を規定せずに、毎月の返済額はが一定になるようにして返済する方式です。

手元にお金が少なくても、高額商品を購入でき、また返済額を毎月一定とする事で返済計画が立てやすく、日常生活費への負担が平準化されるメリットがあります。

一方で、利息が発生するため、「リボ払い」を利用しすぎると、支払い総額が高額になるデメリットもあり、「リボ払い」は無理のない範囲で計画的に利用する事が大切と言えます。

「キャッシング」とは?

「キャッシング」とは、カードローンやクレジットカードでお金を借り入れる事を指す言葉です。

「リボ払い」との対比で考えるなら、クレジットカードが有する機能のひとつで、で一定の限度額まで借入を行う事を指す用語と言えます。

クレジットカードの「キャッシング」は、月末や急な支出で現金が必要な場合に、ATMなどで簡単に現金を借りる事が出来るメリットがあります。

しかし「キャッシング」はあくまで借入金であり、利息も決して低くはありません。

便利な一面、計画的に利用しなければ、返済に支障を来す事もあるので注意が必要です。

「リボ払い」と「キャッシング」の違い

「リボ払い」はクレジットカードの持つカードで商品を購入し、それを後日、支払うと言うと機能において、どんな方法で支払いを行うかと言う一つの方式を指す言葉です。

その支払い方式は、1回払いや分割払いと言う方式とは違って、回数を規定せずに、毎月の返済額が一定になるようにして返済する方式です。

一方の「キャッシング」はクレジットカードの持つ他の機能で、クレジットカードで一定の限度額までATM等で手軽に借り入れできる機能を指す用語です。

従って、「リボ払い」「キャッシング」は、いずれもクレジットカードに関連した用語ですが、全く異なる意味を持つ用語です。

まとめ

「リボ払い」「キャッシング」は、いずれもクレジットカードに関連した用語であると言う共通点があります。

しかし、その意味は全く異なるもので、「リボ払い」はクレジットカードの持つカードで商品を購入し、それを代金を後日、支払うと言うと機能において、回数を規定せずに、毎月の返済額が一定になるようにして支払い・返済する方式を指す用語です。

それに対して、「キャッシング」はクレジットカードの持つ他の機能で、クレジットカードで一定の限度額までATM等で手軽に現金を借り入れできる機能を指す用語です。

いずれも、便利な反面、利息も高めで、利用に当たっては計画的に行う注意が必要なものと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典