スポンサーリンク

「リモートワーク推奨車両」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リモートワーク推奨車両」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リモートワーク推奨車両」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リモートワーク推奨車両」の意味

新幹線で、ウェブ会議ができる座席のある車両のこと。

「リモートワーク推奨車両」の解説

「リモートワーク推奨車両」は、「新幹線で、ウェブ会議ができる座席のある車両のこと」です。

2020年12月にJR東日本により発表されたもので、新幹線の座席でウェブ会議をできる様にする実証実験を実施すると発表されました。

コロナ禍でリモートワークが推奨されている時期に、新幹線内で仕事をすることでオフィスに出勤する回数を減らす目的があります。

本来新幹線の座席では携帯電話などの通信は推奨されていませんが、今後「リモートワーク推奨車両」として、っ全車両のうち1両を設定する予定です。

利用条件としては乗車券、新幹線特急券を所持していることで、追加料金は発生しません。

また、「リモートワーク推奨車両」は全座席自由席になる予定です。

「リモートワーク推奨車両」の使われ方

「リモートワーク推奨車両」は、今後使われる様になる可能性のある言葉です。

「リモートワーク推奨車両からのウェブ会議参加です」「リモートワーク推奨車両で出社数を減らす」などと使われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典