スポンサーリンク

「リリイベ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リリイベ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リリイベ」の意味や使い方、例文を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リリイベ」とは?

リリースイベントを簡易的に省略した言葉の「リリイベ」は、音楽CDや映像DVDなどを取り扱い、販売するイベントという意味があります。

主に、アイドル好きな人の間で使われており、芸能人の魅力を詰め込んだ商品の販売に伴い、このようなものがいつ、どこで売られるという促進する意味も兼ねて使われています。

商品だけではなく、「リリイベ」ではアイドルが登場し、ファンの前で踊りながら本格的に歌ったり、ひとりずつ握手して交流はかるなどしてより距離を近づけるために楽しいイベントを繰り広げるわけです。

「リリイベ」の概要

憧れの芸能人が来て、そこで写真集を販売したり、サイン会したりとファンにとっては嬉しいイベントするのが「リリイベ」であり、これから大々的に商品を売りたいと思う芸能人が自分の商品をもっと多くの人に知ってもらい、売りたいと思うときファンだけではなく、他の客にも知らせることを目的としています。

トークショーしたり、希望があればチェキ会して交流はかり、さらにファンを増やすため行われるイベントであり、かなり距離が近い場所で交流できるのが魅力的です。

「リリイベ」の使い方や使われ方

自分が推すアイドルと交流はかるイベントを「リリイベ」と呼び、SNSでは「♯○○のリリイベ」と、どのようなイベントであったかを伝えるときに使います。

「面白かった」「楽しかった」と自分なりの感想を投稿して、他の人と感動を共有するときも使われています。

「リリイベ」はそれだけファンにとってはいい思い出作りになるものであり、いつどこでこのような推しの「リリイベ」があるか告知を見た人は遠方からイベントに参加する人もいるわけです。

「リリイベ」についてどのようなことしたか教えてほしい人に対して「推しの踊りが素晴らしい」と伝えたり、眩しすぎて「リリイベで泣いてしまった」など他のファンにも教えます。

「リリイベ」を使った例文(使用例)

・『♯俺推しの○○リリイベ開始』
・『9月15日に渋谷の本屋で○○のリリイベやるんだ。誰か一緒に行く人はいるかな』
・『今週末に○○の写真集リリイベやるからよろしく』
SNSには分かりやすく、簡潔に自分が推すアイドルのイベントやることをひとりでも多くの人に知らせたいときは、ハッシュタグを一番前に付けてから告知するのが一般的な使い方です。

何月何日、どこで「リリイベ」やるかを具体的に発信したり、商品はどのようなものを販売するかを教えて、ファンとの情報交換することもあります。

まとめ

握手会やトークショー、写真撮影など目の前で推しのアイドルと触れ合える「リリイベ」はファンにとって最高の日です。

SNSで開催する日々を調べたり、他のファンと共有し合い、一人でも多くの人が参加して楽しめるイベントでもっと応援したくなる人も続出する日になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典