スポンサーリンク

「ルダハート」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ルダハート」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ルダハート」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ルダハート」とは?意味

「ルダハート」は、韓国の歌手のグループの一人ルダが作り出したハートマークのことで顔を挟んでから手でハートマークを作ることです。

なお、定義においては、「ルダハート」は、片手だけでハートを作り上げても成立するため別に両手を使用してハートに見える必要性はありません。

「ルダハート」の概要

「ルダハート」は、実は、「ルダハート」と命名されるまでは、韓国の男性アイドルグループが全く同じハート膜を作るポーズをまねたことで炎上した経緯があります。

というのも、「ルダハート」は当時ルダさんのファンの間のみで使用されていた用語で実のところ、多くの人たちに知られていませんでした。

その為、ハートポーズと呼んで全く同じポーズをとる韓国のアイドルグループも存在しており、ルダさんのファンからパクリだと言われ炎上したケースがあるのです。

ただ、ポーズ自体はありきたりなポーズなうえ、身振り手振りをいちいち、誰のものであるかを述べても当人が知らないと言えばそれが成立するうえ、万が一ポーズという物に著作権があった場合、使用しないでとまで言うのは炎上というより無茶な注文ではないかというのが、この勧告で起きた「ルダハート」の炎上騒動でもあります。

「ルダハート」の言葉の使い方や使われ方

「ルダハート」はポーズとして使用し、使用しているのは韓国のアイドルが多いです。

「ルダハート」を使った例文

・『ルダハートは、韓国のルダさんが作ったポーズだけど今ではみんなそのポーズを使用している』
この例は、韓国の歌手のルダさんが作ったルダハートという顔を挟んでハートマークを作るポーズは今では多くの人がそのポーズを使用しているという例です。

実は、「ルダポーズ」は、過去に盗作だということから、韓国のアイドルグループに対して勝手に許可なく「ルダポーズ」を取ることを禁止していたのですが今では皆がそのポーズを自由にとることができます。

というのも、ポーズに対して著作権を設けた場合、偶然にそのポーズを少しの間でも取れば著作権が発生してしまうということになりますが、反面に、これを有効とした場合、人間は自由に活動することができなくなるのです。

その為、行き過ぎの判断ではないかということもあり、今現在では自由に「ルダハート」のポーズを取ることができるのです。

まとめ

「ルダハート」は、韓国の歌手のルダさんが作り上げた顔を挟んでハートマークを作るという意味で2019年に登場していますが、実はそれよりも以前に指ハートという物がありましてこれはプリクラが登場した当時に日本で見られたポーズになります。

ただ、この意味、欧米や欧州では絶対にアイドルがしてはならないポーズで、指ハートは、お金を示すため、アイドル自らがお金を催促するという意味に取られかなり不愉快なポーズになるのです。

その為、アジア圏では、指でハートを作り出すのは良いイメージですが、欧米や欧州ではイメージが悪いため、アイドルや俳優も行いません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典