スポンサーリンク

「ルール遵守の徹底」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ルール遵守の徹底」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ルール遵守の徹底」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ルール遵守の徹底」とは?意味

「ルール遵守の徹底」の意味を言葉を少し分解して、確認・説明したいと思います。

まず「ルール」は、英語のruleがカタカナ語として定着したもので、「物事を行う際に守るべきだと定められた約束ごと」を指す言葉です。

また「遵守」の読みは「じゅんしゅ」で、「法律や習慣・道徳や決まり事などを守り、従う」ことを意味する言葉です。

さらに「徹底」「隅々まで行き届くようにさせる」ことを意味します。

従って、「ルール遵守の徹底」とは「法律や習慣・道徳や、物事を行う際に守るべきだと定められた約束ごとを守り、従うように隅々まで行き届くようにさせる」と言う意味になります。

平たく言えば、ルールが認知されていなかったり、守られていない事例が少なからず見受けられる際に、「ルールをしっかり守るように再号令する」と言った意味を持つ慣用句と言えます。

「ルール遵守の徹底」の概要

上記で「ルール」は、「法律や習慣・道徳や、物事を行う際に守るべきだと定められた約束ごと」と記しましたが、一般的には法律の中では、道路交通法違反の軽いもの等に対して使われる事が多いと言えます。

また「遵守」と同じ読みで「順守」と書く言葉がありますが、この「順守」の意味は「遵守」とほぼ同じです。

「順守」に比べて「遵守」の方が、古くから使われている言葉ですが、「遵」の字が、当用漢字から外された事で、「順守」を使うケースが増えて来たのです。

現在では国や地方自治体の法令や公用文章では「遵守」が使われていますが、新聞やテレビ等のマスコミでは「順守」が使われています。

ビジネスの場では、契約書等では「遵守」が使われ、その他の場合には両方が使われていると言えます。

また「遵守」は法律や契約書のように、厳しく守るべきものに対して使い、「順守」は常識的に守るべきと言った事に使うと、ニュアンスの違いを持って使われているケースもあります。

ビジネスの場ではニュアンスの違いで使い分けられる場合があることは、知っておくと良いでしょう。

「ルール遵守の徹底」の言葉の使い方や使われ方

「ルール遵守の徹底」の言葉は、『最近、製品の不良率が上がって来ており、作業手順のルール遵守の徹底が必要です。』や『交通安全週間に当たり、社内でも交通ルール遵守の徹底が通達されました。』

「ルール遵守の徹底」の類語や言いかえ

「ルール遵守の徹底」の言葉の中で、最も理解されにくい言葉である「遵守」の類語としては、「適応」「従う」「守る」などが挙げられます。

従って、「ルール遵守の徹底」の言い換えとしては、「ルール適応の徹底」「ルールに従うべき事の徹底」「ルール守る事の徹底」とすれば良いでしょう。

まとめ

「ルール遵守の徹底」とは「法律や習慣・道徳や、物事を行う際に守るべきだと定められた約束ごとを守り、従うように隅々まで行き届くようにさせる」と言う意味の慣用句です。

「遵守」と同音の「順守」は、ほぼ同じ意味であり、「ルール順守の徹底」としても問題はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典