スポンサーリンク

「レクチャーを受ける」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レクチャーを受ける」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レクチャーを受ける」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レクチャーを受ける」とは?意味

「レクチャーを受ける」とは、口頭によって講義や講演などの方法で詳しく説明してもらうという意味を持つ言葉です。

基本的に専門的な分野の知識をより詳しく、丁寧に説明するという意味を持っているため、単純に「教える」という意味とはニュアンスが違います。

「レクチャーを受ける」の概要

「レクチャーを受ける」「レクチャー」とは、英語で“lecture”と書き、講演や講義、説明するなどの意味を持ちます。

「レクチャー」の語源は、ラテン語の読むことを意味する“Lectio”が転じて説明するという意味となりました。

講義や講演という意味も持ち合わせていますが、ほとんどの場合「詳しく説明する」という意味として使われます。

教えるという意味の英語としては他に“teach”がありますが、こちらの「教える」は学校などの場で先生が生徒に教えるようなイメージです。

対して「レクチャー」の場合は、本やイラスト、時には体で表現するなど様々な方法で説明するという意味を持っているため、どちらかといえば社会人や大学生などが専門的な知識を得るために、何かの講義を受講したりする場合などが「レクチャー」に当てはまります。

「レクチャーを受ける」の言葉の使い方や使われ方

「レクチャーを受ける」と使用される場面としては、専門的な知識を学ぶ際に使用される事が多くなっています。

例えば、専門学校などので難解なプログラミングの技術を学ぼうとしている場合、実際に目にたり、知識を持った人の詳しい説明を受けたりしなければ、どのような方法でプログラミングされているかの知識を得る事ができません。

そのため、実際に目で見て、口頭で詳しく、時には表やイラストなどを用いてより詳しく説明を受けプログラミングの方法や技術を学びます。

この説明を受けるという事が「レクチャーを受ける」に当てはまります。

「レクチャーを受ける」場合、受ける側の人数は1人であっても大人数でもあっても問題ありませんが、基本的に詳しく説明するという意味が含まれる言葉のため、どちらかと言えば少人数を対象にしている言葉です。

「レクチャーを受ける」を使った例文

・『今日の講義は、実際にレクチャーを受ける事ができると聞いている』
・『この分野では有名な先生のレクチャーを受ける事ができて非常に光栄だ』
・『レクチャーを受ける事で得た知識は今後必ず役に立つだろう』

まとめ

「レクチャーを受ける」とは、口頭で説明を詳しく受けるという意味の言葉で、専門的な知識を得る場合に使用され、より分かり易く説明がなされるため様々な方法で説明が行われます。

「レクチャーを受ける」事で、より分かり易い説明によって詳しい知識を得る事ができるという事になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典