スポンサーリンク

「レジリエンス教育」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レジリエンス教育」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お子さんの心のケアは、非常に大切なものです。

この記事では、「レジリエンス教育」の意味を分かりやすく説明していきます。

正しい中身をつかんで、お子さんとの絆を深めていってください。

スポンサーリンク

「レジリエンス教育」とは?意味

レジリエンス教育とは、子どもたちの気持ちに寄り添う、あたらしい教育方法のこと。

学校や家庭で今すぐ実践できる、シンプルなやり方です。

レジリエンス教育はネガティブな子どもの考えを、いったん受け止めてポジティブな気持ちに導いていく心理療法です。

たとえば「学校で嫌なことがあった」とお子さんが愚痴ったとき。

保護者としては「そうだね。

大変なことがあったね」
とまずはお子さんの気持ちを受け止めてあげます。

お子さんを1人の大人として尊重してあげ、つらい・悲しいなどの気持ちを否定しないことがレジリエンス教育の基礎になります。

このとき「弱音をはいちゃダメ」「今すぐ立ち直りなさい」と叱るのはNGです。

どんなに弱音を吐かれても、まずはお子さんの気持ちを肯定してあげる所からスタートしていきます。

「レジリエンス教育」の概要

レジリエンス教育は新型コロナウイルスの影響によって、心に大きなダメージを受けた子どもたちへのメンタルケアとして、欧米を中心に採用されている方法です。

正しいレジリエンス教育を受けると、自分の心のコントロールができるようになり、逆境やスランプを自分の力で乗り越えられるようになります。

新型コロナを通じて、世界の価値観が大きく変わっている今。

あり得ない状況をどう乗り越えていけばいいのか。

大人たちが先に立って、子どもたちを誘導してあげることが求められています。

「レジリエンス教育」の言葉の使い方や使われ方

レジリエンス教育は次のように使います。

・レジリエンス教育のプログラムを受け、どう子どもと関わっていくべきか学んだ。

・日本の中でも積極的に、レジリエンス教育を採用している教育現場を訪ねた。

・レジリエンス教育を実践してから、心を閉ざしがちな子どもたちに笑顔が戻るようになった。

レジリエンス教育はパンデミックをきっかけに、アメリカを中心とした教育現場で採用されています。

最近は日本の小学校や大学でも、レジリエンス教育が広まっています。

「レジリエンス教育」の類語や言いかえ

レジリエンス教育と似た言葉に、次のような単語があります。

・子どもたちの心のケア
・逆境に負けない、魔法の声かけ
・ポジティブシンキング
・メンタルトレーニング
レジリエンス教育とは、お子さんの気持ちを尊重して、つらい現実をはね返す力を身に付けさせること。

「魔法の声かけ」としても注目されています。

まとめ

「レジリエンス教育」についてチェックしてきました。

レジリエンス教育とは新型コロナをきっかけに、落ち込みがちな子どもたちの心を引き上げる、保護者や先生の接し方のこと。

魔法の声かけとして注目をあつめています。

ストレスやプレッシャーをはねのける力が身につくと、多くの教育現場で採用されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典