スポンサーリンク

「ローンブレイク」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ローンブレイク」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ローンブレイク」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ローンブレイク」の意味

不動産の買主が銀行の融資の審査に落ちてしまい、契約がなくなること。

「ローンブレイク」の解説

「ローンブレイク」は、「不動産の買主が銀行の融資の審査に落ちてしまい、契約がなくなること」という意味です。

折角不動産を買いたいという人が現われて、業者が準備を整えたにもかかわらず、買主が銀行に融資を申し込んだら審査で落ちてしまい、不動産の契約自体が流れてしまうことを言います。

不動産を販売する場合、土地の持主に代わって仲介業者が手続きを行い、買主が手元に十分な資産がない場合、銀行に融資を依頼することになります。

ところが、契約まであと一歩という段階で銀行からの審査に落ちてしまい、契約がなかったことになってしまうケースもあり、「ローンブレイク」と呼ばれているのです。

「ローンブレイク」の使われ方

「ローンブレイク」は、不動産用語として使われます。

「この買主はまさかローンブレイクしないか、事前に調査が必要だ」「折角買手が見つかったのに、ローンブレイクでパーになった」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典