スポンサーリンク

「ローン打診」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ローン打診」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ローン打診」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ローン打診」とは?意味

この仕組みは、住宅ローンの仮審査を行うことです。

打診というのは、医療業界の打診=手や指で患部に触り確認をすることという意味ではなく、ビジネス用語の打診=やんわりとローンを組むことの確認を意味します。

つまり、「ローン打診」とは、ローンを組ませる側がやんわりとローンを組むことを確認することを意味するのです。

その上で、「ローン打診」は、煩わしい書類作成を省き短期間でローンを組めるか組めないかを判断するシステムです。

「ローン打診」の概要

この仕組みは、ローンを組みたい側の審査を単純化して、ローンを組めそうな人物であるということが特定してから書類を作ってもらおうという考え方のシステムで、逆を言えば、最初からローンを組むことができないという結末が出る方というのは初めからローンを組ませる側が対象者を信頼していないわけで住宅ローンを組ませたい側はお金を貸しても返ってこないかもしれないと認識していると言えます。

「ローン打診」の言葉の使い方や使われ方

「ローン打診」は、住宅ローンのシステムの一つで、書類作成を省きローンを組めるかどうかだけを最初に確認してから、後から書類を作る際に使用されるシステムです。

「ローン打診」は少ない個人情報でローンを組めるという利点がありますが、ローンを組ませる側は少ない情報でローンを組ませて返却可能な人物であるかを判断する必要性があります。

「ローン打診」を使った例文

・『ローン打診をするが断られた』

これは、ローンを組めるかどうか事前に審査を行ったが組めなかったという例です。

これは住宅ローンを組む手法の一つで要は事前審査をしてから審査が受かれば無事ローンを組めるという物ですがそれに落ちたという例になります。

「ローン打診」は、提供する情報が少ないのですが、情報が少ない分審査においては、ローンによる現金の融資が不許可となることが多いです。

この例は、そんなケースの一つで不許可になった例です。

不許可になった理由はおそらく、対象者が審査を行う側から見て信頼できなかったと推測します。

まとめ

「ローン打診」というのは、要は事前に審査をして、審査に通ったら融資のお話をしましょうという物で住宅ローンを組む際の融資システムの一つです。

住宅ローンはたくさんの書類を必要とするのですが、たくさんの書類を用意しても審査に受からないという場合においては今までの努力が無駄になるというケースがあり得ます。

そこで、事前にテストのように審査をして、信頼できる人物である場合において融資のお話をしましょうというのがこのシステムになります。

このシステムの利点は、先にお金を貸すべきかどうかを審査しますので、通ればお金を貸す、通らないと貸さないという単純な物です。

そして、融資に必要な書類群が少ないが故、融資をする側はその少ない書類から融資を可能とする人物であるかを判断する必要性があります。

逆を言えば、少ない情報でも融資してもらえるかもしれないというのがこの仕組みの良い点で、ローンを組む際にかかる労力を極力減らすことを重要としている点、貸し付ける側も返済可能かそうではないかを判断すればよい点を挙げると利用者側と貸付側の利点がうまく絡んでいるシステムであると言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典