スポンサーリンク

「ワンマンライブ」と「単独ライブ 」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ワンマンライブ」と「単独ライブ 」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーティストのライブを見に行くとき、演目の違いが気になることがあります。

この記事では、「ワンマンライブ」「単独ライブ」の違いを分かりやすく説明していきます。

お目当てのツアーを楽しむ、ヒントにしてみてください。

スポンサーリンク

「ワンマンライブ」とは?

ワンマンライブとは、ワングループのライブのこと。

野外フェスのように複数のグループが共同で参加しない、「独立型のライブ」をあらわします。

ワンマンライブのメリットは、お目当ての歌手やグループの演奏を、じっくり聴けることです。

流行りの歌はもちろんのこと、熱狂的なファンだけが知るマニアックな歌もたっぷり楽しめます。

演奏時間はおおよそ2時間。

アンコールを入れると、3時間の長丁場になる場合もあります。

好みのボーカリストやアーティストがいる人にとっては、たまらないイベントです。

ちなみにワンマンライブと良く似た言葉に「対バンライブ」があります。

対バンライブとは「バンド同士の対決」をもじった言葉。

複数のバンドが共演する、熱いライブです。

こちらはワンチームあたりの演奏時間はわずか30分。

人によっては物足りなさを抱くこともあります。

「単独ライブ」とは?

単独ライブとは、ひとつのグループによるライブのこと。

音楽グループを指す場合もありますが「1つのお笑いグループによるライブ」「単独ライブ」と呼ぶことが多いです。

単独ライブは誰もが知る、人気お笑いコンビやグループが開催するイベントです。

イベントの内容にもよりますが、短いもので1時間半。

長いものだと3時間くらいは、単独のお笑いライブを楽しめます。

テレビとはひと味ちがうホットなネタを山ほど見られるので、多くのお客さんが臨場感を味わいに劇場に足を運びます。

漫才や新喜劇、M-1グランプリなど複数の芸人が登場するイベントは、色々なジャンルのお笑い芸人に会える面白さがあります。

反対に単独ライブの良い点は、大好きな芸人のギャグやコントだけをシンプルに楽しめることです。

推しの芸人がいる人にとっては、たまらないイベントです。

「ワンマンライブ」と「単独ライブ」の違い

どちらもライブのため、区別を付けにくいです。

「ワンマンライブ」「単独ライブ」の違いを、分かりやすく解説します。

・アーティストはワンマン、お笑いは単独
どちらも「1つのグループが単独でライブを開くこと」です。

他の共演者が出演しないという、共通点があります。

ただエンタメ業界では、音楽アーティストや音楽グループには「ワンマンライブ」を。

お笑いグループやお笑いコンビには「単独ライブ」を使うことが多いです。

そのため注目アーティストが初めて会場を貸し切り「ワンマンライブ」をおこなうときは「初めてのワンマンライブが開催されました」と大きなニュースになります。

単独ライブは知名度が上がった芸人が、ゲン担ぎとしておこなうソロライブです。

まとめ

「ワンマンライブ」「単独ライブ」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも共演者がいない、ソロのライブを指した言葉です。

ワンマンライブは音楽系のアーティストに、単独ライブは主にお笑い芸人に対してつかいます。

違いを知ってリサイタルやコントを、腹の底から楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典