スポンサーリンク

「ワークマンプラス」と「ワークマン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ワークマンプラス」と「ワークマン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ワークマンプラス」「ワークマン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ワークマンプラス」とは?

「ワークマンプラス」の意味と概要について紹介します。

「ワークマンプラス」の意味

「ワークマンプラス」は、「一般消費者向けの、アウトドア、スポーツ、レインウェアの専門店」です。

「ワークマンプラス」の概要

「ワークマンプラス」は、一般消費者向けの、アウトドア、スポーツ向けのウェアや用品、レインウェアの専門店のことを言います。

本来「ワークマン」でも同じ商品を販売していましたが、よりカジュアルさを重視して、女性向け商品も充実ささえる為に作られた店舗です。

値段も手ごろで、普通のファッションショップと同じ様に利用できます。

「ワークマンプラス」のコンセプトは、「高機能×低価格」で、同じ機能を持つ商品が、他店の半額程度で購入できるとあり、若い人を中心に人気があります。

「ワークマン」とは?

「ワークマン」の意味と概要について紹介します。

「ワークマン」の意味

「ワークマン」「現場で働くプロ向けの作業着や用品の専門店」です。

「ワークマン」の概要

「ワークマン」は、「ワークマンプラス」の母体であり、主に土木作業や農作業などで使用する作業服専門店でした。

プロ向けの作業着や軍手、防寒着などは、多機能で通気性に優れ丈夫、しかも値段も手ごろとあり、作業労働者の御用達となっていました。

次第にアウトドア向けの商品にも力を入れ始め、最近ではスポーツウェアも取り扱っています。

「ワークマンプラス」と「ワークマン」の違い!

「ワークマンプラス」は「一般消費者向けの、アウトドア、スポーツ、レインウェアの専門店」です。

「ワークマン」「現場で働くプロ向けの作業着や用品の専門店」です。

まとめ

今回は「ワークマンプラス」「ワークマン」の違いをお伝えしました。

「ワークマンプラスは一般向け」「ワークマンはプロ向け」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典