スポンサーリンク

「一定」と「特定」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一定」と「特定」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「一定」「特定」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「一定」とは?

「一定」には3つの意味があります。

1つめは、一つに決まって変わらないことです。

会社勤めをしているビジネスパーソンは、毎月決まった報酬を受け取っているはずです。

たとえば、毎月30万円、毎月40万円などです。

ある月は10万円、ある月は30万円といったように大きく変わることはありません。

この場合は「一定の収入」と表現することができます。

この例だと、収入が定まっており、変わらないことを意味しています。

2つめは、順序や方法が決まっていることです。

名簿や書類などは、書き方が決まっています。

これを「一定の書式」といいます。

3つめは、ある傾向や状態に落ち着くです。

一応はその傾向や状態に落ち着いたという意味合いです。

ある傾向や状態に落ち着いたら、今後は絶対にそこから動かないということではありません。

たとえば、芸能人が人気を得て、その人気状態が続いていたとします。

この場合は「一定の人気を得る」ということができます。

しかし、その人気は一生変わらないものではなく、あるときには失ってしまう可能性があります。

「一定」の使い方

いくつかの意味がありますが、どれにも「定まる」という意味合いがあります。

変わらない、落ち着く、決まっているという意味合いで使用をします。

「特定」とは?

とりわけそれと指定すること、とりわけそれと定まっていることです。

同じような性質や性能を持ったものの中から、特にそれと指定をしたり、それと決まっていたりすることをいいます。

ある物を食べるとアレルギー症状が出る人がいます。

食べものは数多くありますが、アレルギー症状が出るのは、食べものという物の中の特に決まったものです。

これを「特定の食べもの」ということができます。

あるところで犯罪が起こったとします。

警察は犯人を捜しています。

地球上には数多くの人がいますが、ある犯罪の犯人は定まった人だけです。

その人を見つけ出すことを「犯人を特定する」といいます。

「特定」の使い方

それと定めることという意味で使用をします。

同じような性質や性格を持ったものの中から、それと定めることを意味しており、まったく性質・性能などが違うもの同士を比べて定めることではありません。

「一定」と「特定」の違い

どちらの言葉にも、さだめる、さだまるという意味を持つ漢字である「定」が使用されており、2つの言葉には定めるという意味が含まれています。

しかし、同じことではありません。

前者の言葉は、一つに定まって変わらない、決まっているという意味合いです。

後者の言葉は、同じようなものの中から、それと定めるという意味合いです。

まとめ

定めるという意味を含む2つの言葉ですが、一方は定まって変わらないこと、もう一方は特に定めることという意味を持っており、それぞれの言葉の意味は異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典