スポンサーリンク

「一年草」と「多年草」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一年草」と「多年草」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

園芸店に出かけると、色々な種類のフラワーがあって驚きます。

この記事では、「一年草」「多年草」の違いを分かりやすく説明していきます。

小さな差を知って、緑のある暮らしを楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク

「一年草」とは?

一年草とは種や苗を植えてから、1年以内に枯れてしまう植物のこと。

その年は美しい花を楽しめるけれども、翌年以降は楽しめないのが一年草の特徴です。

風情を味わえる期間が1年のみなので、一年草と呼んでいます。

一年草の代表的なものには、パンジーや朝顔、マリーゴールドなどがあります。

一年草のメリットは、毎年のお世話がいらないこと。

季節が変わると自然に枯れてしまうので煩わしい手間がいらなくなります。

また成長のスピードがとても早いので、苗を植えてからすぐに鮮やかな花を楽しめます。

カラフルでダイナミックな花が多いのも、一年草の魅力になります。

一年草は短いサイクルでもいいから、鮮やかで花付きのよい苗を植えたい人。

毎年異なる種類のガーデニングを楽しみたい人にもおすすめです。

「多年草」とは?

多年草とは、毎年花を咲かせてくれる植物のこと。

1年限りではなく、2年後も3年後も果実や花を楽しめる、長期間お付き合いできる植物になります。

多年草にはスズラン、ユリ、クリスマスローズなどがあります。

葉っぱの一部などは枯れてしまうことがあっても、開花時期が訪れると必ず花を咲かせてくれるものが多年草の特徴になります。

毎年しっかり花を付けてくれる、気品と優雅さをかんじられる植物です。

お手入れが大変そうに思えますが、害虫と水さえ気を付ければ放っておいても毎年たわわな花を付けてくれます。

大好きな花と長いお付き合いをしたい人。

株を少しずつ増やしていく楽しさを味わい人。

こんな方にも多年草はおすすめです。

「一年草」と「多年草」の違い

どちらも人気のフラワーです。

「一年草」「多年草」の違いを、分かりやすく解説します。

・1年のみか、毎年かの違い
ガーデニングや寄せ植えをおこなうとき、気を付けておきたいのが「一年草」「多年草」の違いです。

一年草は今年限り、つまりワンシーズンだけ楽しめる花やハーブのこと。

花としての寿命はとても短い、繊細な花です。

そして多年草は、毎年たのしめる花やハーブになります。

1回植えておけば、毎年かならず美しい花を咲かせてくれます。

季節の訪れを教えてくれる、寿命のとても長い花です。

「一年草」「多年草」は上手く組み合わせれば、ベランダや庭を1年中美しく彩ることができます。

それぞれの特徴を知っておくと、花と緑のある暮らしがますます楽しくなります。

まとめ

「一年草」「多年草」の違いを分かりやすくお伝えしました。

一年草とはワンシーズンのみ楽しめる、花やハーブのこと。

そして多年草は、次の年になっても美しい花を楽しめる植物です。

一年草と多年草を上手にミックスすると、常に花でいっぱいのガーデニングを楽しめます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典