「一次元」と「二次元」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一次元」と「二次元」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「一次元」「二次元」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「一次元」とは?

「一次元」の意味と概要について紹介します。

「一次元」の意味

「一次元」「いちじげん」と読みます。

意味は「軸が1つかなく、点と直線で表される空間のこと」です。

「一次元」の概要

「一次元」は、軸が1つしか存在しておらず、点と直線だけで表される空間のことを言います。

「次元」とは、数学用語で、ある空間の広がりを示す座標のことを言います。

座標が増えるに連れて「一次元、二次元、三次元」と空間に広がりがでてきます。

「一次元」は、点で結ばれる直線しか存在しない空間で、その線が伸びる方向にしか移動できません。

長さがあれば先まで伸びて行けますが、上下左右には広がれないのです。

身近にある「一次元」「時間」があります。

「時間」は過去から未来への一方向しか存在せず、同時に進行することもないのです。

「二次元」とは?

「二次元」の意味と概要について紹介します。

「二次元」の意味

「二次元」「にじげん」と読みます。

意味は「軸が2つあり、縦と横の平面で表される空間のこと」です。

「二次元」の概要

「二次元」は、軸が2つあり、縦と横の2方向に広がり、面で表される空間のことを言います。

縦と横の2方向に広がる空間で、平面として幅や面積を持ちます。

身近な「二次元」には、紙に描かれた絵や図形、写真や画像などがあります。

厚みがないので、上下には広がれず、横から見ても奥が見えることもありません。

因みに「アニメ」などの映像も「二次元」と呼ばれ、人気のアニメキャラは「二次元アイドル」と呼ばれます。

「一次元」と「二次元」の違い!

「一次元」「1つしか軸がなく、点と直線で表される空間」です。

「二次元」「2つ軸があり、面で表される空間」です。

まとめ

今回は「一次元」「二次元」の違いをお伝えしました。

「一次元は線」「二次元は面」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典