スポンサーリンク

「一生」と「生涯」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一生」と「生涯」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「一生」「生涯」の違いについて分かり易く説明していきます。

スポンサーリンク

「一生」とは?

一生とは、いっしょうという読み方をする言葉です。

一という文字と、生きるとか生命という意味を持つ生の文字の組み合わせとなっています。

そのため、生まれてから死ぬまでの間の事を示す意味として用いる事が多い言葉です。

ただし他にも、何とか生き延びる事が出来たという意味合いも持っています。

更に生きている間に一度しか経験出来ないであろう事を示す言葉としても、用いる事が出来ます。

「一生」の使い方

生まれてから死ぬまでの間の事を、一生を送るという形で表現して使われる事が多いです。

他にも事故や事件に巻き込まれて切り抜けた際には、九死に一生を得る、という使い方が出来ます。

生涯で一番の願いを表す際には、一生の願い、という形で使われる事も少なくないです。

「生涯」とは?

生涯とは、しょうがいという読み方をする言葉となっています。

生きるという意味の生に、終わりに至るまでの間という意味を持つ涯が組み合わさった言葉です。

なので、この世に生きている間の事を意味する言葉として用いられる事が多くなっています。

或いは人生の中で、ある事に関わった期間を示す意味合いでも、この言葉を用いる事が可能です。

「生涯」の使い方

この世で生きているという意味合いとしては、生涯を捧げる、とか、生涯忘れられないといった使い方をされる事が多いです。

人生のある一定期間の事を示す際には、研究者としての生涯といった使い方が出来ます。

「一生」と「生涯」の違い

一生は生まれてから死ぬまでの間、という意味を持ち、生涯はこの世に生きている間、という意味を持つ言葉です。

どちらも人生を表す言葉であり、同じ意味合いを示していると見て間違いありません。

そのため、一生忘れないと生涯忘れない、といった形で同じ意味合いとして使用する事も出来ます。

そんな風に同じ意味合いを持つ一生と生涯の違いを見出すとすれば、一生にはどうにか命が助かる、一命を取りとめる、といった意味合いがありますが、生涯にはその意味合いは含まれていない事です。

逆に生涯は、政治家としての生涯といった人生の一定期間を表す事が出来ますが、一生はそういった使い方は出来ません。

「一生」の例文

『大勢の子供や孫に看取られながら亡くなった彼は、幸せな一生を送ったと言える』
『あなたに受けたこのご恩は一生忘れません』
『あんなに大きな事故に巻き込まれてもう駄目かと思ったけど、何とか九死に一生を得たよ』
『一生に一度の頼み事だから、何とか聞き入れてくれないか?』

「生涯」の例文

『彼の生涯は、本当に苦労と苦難の連続だった』
『チーム全員で導いた今日の勝利を、生涯忘れる事はないだろう』
『私のプロ野球選手としての生涯には、何の悔いもありません』

まとめ

一生と生涯はどちらも、生まれてから死ぬまでの間やこの世にいる間といった同じ意味を持つ言葉です。

なので同じ意味合いの言葉として、使用する事が可能だったりします。

ただし2つの言葉の違いとしては、一生には九死に一生を得る、といった形で何とか命が助かるという意味を持っていますが、生涯はそういった意味を持っていません。

もっとも逆に生涯は人生のある一定期間を示す際に使用出来ますが、一生はそういった使い方は出来なかったりします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典