スポンサーリンク

「一目瞭然」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一目瞭然」とは?四文字熟語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「一目瞭然」の意味を分かりやすく説明していきます。

気になる言葉の意味を調べていきましょう。

スポンサーリンク

「一目瞭然」とは?意味

一目瞭然(いちもくりょうぜん)とは、ひと目見ただけで、理解できること。

すぐに分かるくらい、明らかな様子をあらわしています。

多くの人が見ても分かるもの、はっきりしている事柄です。

そもそも「一目瞭然」とは「一目」「瞭然」という2つの熟語が組み合わさった用語です。

「一目」には「チラッと見る」という訳があります。

そして「瞭然」には、くっきりしていて明確な様子という意味があります。

少し見ただけで、それと分かるもの。

火を見るよりも明らかなことが「一目瞭然」になります。

複雑ではなくて分かりやすいもの、シンプルで単純明快な事象をあらわしています。

「一目瞭然」の概要

一目瞭然という言葉は、宋の時代の書物『朱子語類』に由来します。

朱子語類には、朱子という先生と弟子たちのやり取りがまとめられています。

朱子語類は多くの四字熟語を生み出した書物で、一目瞭然のほかにも七転八倒や一刀両断なども、ここから誕生しています。

朱子語類の中には「一目瞭然に悟る」という文があります。

ここから姿や形を見ただけで、はっきりと見抜けるもの。

理解できるものを「一目瞭然」というようになりました。

少し視線を向けただけで分かるもの、時間をかけなくても全体がわかるものが「一目瞭然」です。

世の中を見渡してみると、変化や問題がありありと分かるものがあります。

明らかな事実、浮きぼりになっている変化に用いるのが「一目瞭然」です。

「一目瞭然」の言葉の使い方や使われ方

「一目瞭然」はこのように使っています。

・『公園の木がうっすら雪景色に包まれていた。季節の変化が一目瞭然だ』 ・『今日の日付が、一目瞭然なカレンダーを買った』 ・『旧モデルとの違いが、一目瞭然だ』 一目瞭然には、ぱっと見ただけですぐに分かるという訳があります。

説得力を深めるために、別のものと比較して文章にすることもあります。

「一目瞭然」の類語や言いかえ

「一目瞭然」はこの言葉に置きかえできます。

・明々白々
・事理明白
・自明之理
・掌をさす
明々白々(めいめいはくはく)で、疑うまでもなく定かであること。

事理明白(じりめいはく)とは、筋道が通っていてはっきり分かることです。

自明之理(じめいのり)はわざわざ言葉に出さなくても、おのずと分かること。

誰が見ても分かりやすいことです。

掌をさす(たなどころをさす)も、手に取るように分かる状態をさしています。

まとめ

「一目瞭然」の使い方を改めておさらいしました。

「一目瞭然」とは、すぐに分かること。

誰の目にも明らかなくらい、ぱっと見ただけで理解できる様子です。

世の中には説明するまでもないくらい、分かりやすい事柄や変化もあります。

そうした様子に用いているのが「一目瞭然」です。

ワンフレーズとして、覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
四文字熟語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典