スポンサーリンク

「一眼レフカメラ」と「二眼レフカメラ」 の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一眼レフカメラ」と「二眼レフカメラ」 の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人気のカメラには、色々な種類があります。

この記事では、「一眼レフカメラ」「二眼レフカメラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

構造の差を知って、写真の世界をもっと好きになっていきましょう。

スポンサーリンク

「一眼レフカメラ」とは?

一眼レフカメラとは、レンズが1つのカメラのこと。

持ち運びしやすく、色々なメーカーから販売されている人気のカメラです。

「一眼レフカメラ」の中にはミラーと呼ばれる鏡がはいっています。

レンズから入ってきた光はミラーに反射して、ファインダーと呼ばれるのぞき窓に届きます。

目に見えたものを、そのままダイレクトにチェックできるのが「一眼レフカメラ」の魅力です。

最近では内部にミラーのない「ミラーレスカメラ」も登場しています。

ミラーレスカメラに比べて、重みと深みがあるのが一眼レフカメラ。

プロカメラマンに負けない、味のある1枚を撮影できます。

バッテリーが長持ちしやすいので、長期の旅行にもおすすめです。

「二眼レフカメラ」とは?

二眼レフカメラとは、レンズが2つ付いているカメラのこと。

アナログな造りが特徴的で、フィルムカメラと呼ばれることもあります。

時代を感じさせる、レトロなカメラです。

「二眼レフカメラ」は撮影用のレンズ、そしてファインダー用のレンズ、2つのレンズが付いたユニークなカメラです。

「二眼レフカメラ」の歴史はとても古く、日本で初めて発売されたのは1950年代のこと。

縦長のおしゃれなカメラは、すぐに各家庭に浸透していきました。

現在では二眼レフカメラを製造しているメーカーは少なく、その殆どが中古カメラです。

新しいカメラと違って、撮影や現像の手間がかかる二眼レフカメラ。

ただデジタルカメラにはない、おしゃれなボケと風合いを表現できると、ふたたび注目をあつめています。

「一眼レフカメラ」と「二眼レフカメラ」の違い

カメラ初心者にとって、分かりにくい用語です。

「一眼レフカメラ」「二眼レフカメラ」の違いを、分かりやすく解説します。

・レンズが1枚か、2枚かの違い 「一眼レフカメラ」「二眼レフカメラ」の大きな違いは、レンズの枚数です。

本体に1つのレンズが付いているのは一眼レフカメラ。

本体に上下2つのレンズが並んでいるのは二眼レフカメラです。

レンズの枚数を数えれば、どちらのカメラか判別できます。

また仕上がりのテイストも違っています。

「一眼レフカメラ」は色彩がはっきりした、明るい写真を撮影できます。

一方で「二眼レフカメラ」は光をボカしたような、レトロな写真を撮影できます。

目で見たもの、そのままを表現できるのが「一眼レフカメラ」

目で見たものを、さらに味わい深く表せるのが「二眼レフカメラ」です。

まとめ

「一眼レフカメラ」「二眼レフカメラ」の違いを分かりやすくお伝えいたしました。

どちらも新品や中古市場で人気のカメラです。

レンズが1枚なのが「一眼レフカメラ」

レンズが2枚付いているのが「二眼レフカメラ」です。

どちらも人気の機種なので、その良さを存分に味わってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典