「一矢報いる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「一矢報いる」とは?

「一矢報いる」という言葉を知っているでしょうか。

「敵に一矢報いる」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「一矢報いる」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「一矢報いる」という言葉の意味を紹介します。

「一矢報いる」の読み方

「一矢報いる」「いっしむくいる」と読みます。

「一矢」「いっし」「報いる」「むくいる」と読みます。

これを機会に、「一矢報いる」「いっしむくいる」を読みましょう。

「一矢報いる」の意味

「一矢報いる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「一矢報いる」には、「敵の攻撃や非難に対して、大勢を変えられないまでも、反撃、反論する」という意味があります。

例えば負けが決まった試合で、最後に反撃を見せる時、「一矢報いる」と表現します。

このように、「一矢報いる」という言葉には、「敵の攻撃や非難に対して、大勢を変えられないまでも、反撃、反論する」という意味があります。

「一矢報いる」を使った例文や短文など

続いて「一矢報いる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「一矢報いる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

「一矢報いる」を使った例文1

「最終回にホームランを打って、『一矢報いる』」

この例文は、大差を付けられた野球の試合で、もう逆転はできないけれど、ホームランを打って、反撃できたという場面になります。

このように、ホームランという小さな反撃を見せる時、「一矢報いる」という言葉を使ってみましょう。

「一矢報いる」を使った例文2

「判定で負けたが、最終ラウンドでダウンを取り、『一矢報いた』」

この例文はボクシングの試合で判定負けしたものの、最終回でダウンを取り、反撃できた場面になります。

最終ラウンドにダウンを取った時、会場は沸いたのではないでしょうか。

「一矢報いる」の類語や類義語・言い換え

「一矢報いる」の類語や類似表現を紹介します。

「一矢報いる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

「反撃」【はんげき】

「反撃」には、「敵の攻撃に対して、防御だけでなく、攻め返す」という意味があります。

「反撃に転じる」という言葉には、攻撃されっぱなしだった側が、攻め側になるという意味があります。

「反論」【はんろん】

「相手の論や批判に、反対の意見を述べること」という意味があります。

「反論の余地がない」「反論が下手」などという使い方をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典