スポンサーリンク

「一緒に」と「共に」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一緒に」と「共に」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本語の文章を書いているとき、英語を日本語に訳しているとき、言葉の微妙なさじ加減に迷うこともあると思います。

この記事では、「一緒に」「共に」の違いを分かりやすく説明していきます。

小さな差を知って、周囲に差をつけてみてください。

スポンサーリンク

「一緒に」とは?

一緒にとは、2人以上で同じことをすること・2人以上で同時に同じことをすることを表現した言葉です。

「一緒に遊ぼうね」「一緒に行きましょう」など、相手をお誘いするフレーズとしてよく使います。

みんなで集まって何かをする時に、よく使われる言葉です。

ちなみに一緒の「緒」には、糸や紐という意味があります。

太いロープは何本もの紐が組み合わさって作られているように「一緒」にも2人以上で力を合わせて何かを作り上げるというイメージがあります。

辞書を引くと一緒には「一所に」と書かれていることもあります。

この場合の一緒には、同じという意味があります。

「好きな食べ物が一緒だ」というのは「好きな食べ物が同じだ」というニュアンスです。

「共に」とは?

共にとは、2人以上が同じ状態であることを指した言葉です。

同じことをする時にも「共に」をつかいます。

また人以外にも、大自然などの風景に対して使う場合もあります。

「共に」「共」には、手と手を取り合ってという意味があります。

神さまにお供え物をする時に、両手をつかっていたことから、この字が生まれました。

「翌日、父と共に出発した」「春風と共に、嵐がやってきた」などの使い方をします。

もともと神様に対して使われた言葉なので、言葉のどこかに凛とした美しさも秘めているのが「共に」です。

会話文としてカジュアルに使われることは少なく、小説などの文章におごそかに登場することが多いです。

「一緒に」と「共に」の違い

同じ行動や状態を表現している「一緒に」「共に」

似ている言葉ですが、使われ方に違いがあります。

「一緒に」「共に」の違いを、分かりやすく解説します。

・カジュアルか真面目か 一緒にという言葉は、友達同士や家族の間での会話でよく使う言い回しになります。

「一緒に~しよう」と言えば、相手に何かをもちかける表現になります。

それに対して「共に」というのは、少し格式ばった表現になります。

「一緒に」と同じように、同じ行動をとる・同じ状態になるという意味はもちろんありますが「一緒に」に比べて礼儀正しさ・折り目正しいニュアンスが強く含まれます。

気楽に話したいときは「一緒に」を。

目上の人に対してうやうやしい態度で伝えたいとき、文書に書くときは「共に」がおすすめです。

まとめ

同時に同じことをするという意味の「一緒に」「共に」

どちらも似ている表現になりますが、日常会話でつかわれやすいのが「一緒に」

文章で描かれやすく、うやうやしさが出るのが「共に」になります。

シーンや場に応じて、ベストな選択肢を選んでいきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典