スポンサーリンク

「一般派遣」と「紹介派遣」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一般派遣」と「紹介派遣」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「一般派遣」「紹介派遣」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「一般派遣」とは?

「一般派遣」「いっぱんはけん」と読みます。

意味は「派遣会社に登録して、派遣社員として派遣先企業で働くスタイルのこと」です。

基本的に「派遣社員」と言えば「一般派遣」のことになります。

まず派遣会社で面接やスキルテストを行い登録して、能力やスキル、自分の希望条件に見合った派遣先の企業を紹介して貰います。

勤務先は派遣先企業ですが、雇用契約は派遣会社と結び、期間を設定して時給制で勤務します。

「紹介派遣」とは?

「紹介派遣」「しょうかいはけん」と読みます。

意味は「一定期間を終えたら、その後正社員になる前提で派遣社員として働くスタイルのこと」です。

最長6か月間は派遣社員として働き、マッチングした場合には派遣先の企業で正社員として採用されるのです。

その為に、「一般派遣」の様に一方的に派遣されてくるのではなく、派遣先の企業と採用面接を行うことが多くなります。

尚、派遣期間中にミスマッチであると思った場合は正社員になるのを断ることもできます。

「一般派遣」と「紹介派遣」の違い!

「一般派遣」「派遣会社に登録して、派遣社員として派遣先企業で働くスタイルのこと」です。

「紹介派遣」「一定期間を終えたら、その後正社員になる前提で派遣社員として働くスタイルのこと」です。

まとめ

今回は「一般派遣」「紹介派遣」の違いをお伝えしました。

「一般派遣は派遣社員として働く」「紹介派遣は将来的に正社員になる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典