スポンサーリンク

「一転」と「一変」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一転」と「一変」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「一転」「一変」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「一転」とは?

「一転(いってん)」とは、「急に(突然)状況・様子・態度などが変わること」「それ以前の状況から急にがらりと変わること、今までの様子・態度とは反対になること」を意味している言葉です。

例えば、「今までの浮かれていた状況が一転した」「政治情勢が一転して緊張感が高まった」などの例文で使用することができます。

「一転」という表現には、「一回転すること・回転してひっくり返ること」といった意味合いも備わっています。

「一変」とは?

「一変(いっぺん)」とは、「今までの様子・状況・態度とは大きく変わること、すっかり変わること」を意味している言葉です。

「一変」という表現は、「変化する程度が大きいこと」を意味しているのです。

例えば、「失業した途端、妻の態度が一変しました」「コロナ禍の影響で会社の業績が一変しました」といった文章で使われます。

「一転」と「一変」の違い!

「一転」「一変」の違いを、分かりやすく解説します。

「一転」「一変」もどちらも、「今までとは状況・態度などが変わること」を意味しているところはよく似ていますが、「一転」という言葉は「今までの状況から急に変わること・それ以前とはがらりと変わること」を意味しています。

「一転」に対して「一変」のほうは、「急に(突然)変わる」という意味より、「大きく変わること・すっかり変わること(変化する程度が非常に大きいこと)」の意味のニュアンスが強いという違いを指摘できます。

また「一転」の表現には「一変」にはない、「一回転すること・回転してひっくり返ること」といった意味合いがあります。

まとめ

「一転」「一変」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「一転」とは「急に状況・状態・態度などが変わること」「一回転すること」を意味していて、「一変」「すっかり変わること、まったく違うように帰ること」を意味している違いがあります。

「一転」「一変」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典