スポンサーリンク

「三為業者」と「仲介業者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「三為業者」と「仲介業者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「三為業者」「仲介業者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「三為業者」とは?

「三為業者」は不動産に関して使われている言葉です。

「三為業者」とは、第三者の為に契約する業者のことです。

通常、不動産契約は、売り主・不動産会社・買い主の流れで行われます。

この場合、名義変更つまり所有権の変更を2度行わなければなりません。

それによって、登録免許税なども2度かかることになります。

「三為業者」は売り主と買い主の間に入り、契約を結ぶ業者です。

売り主と「三為業者」が契約を結び、「三為業者」と買い主が契約を結びます。

これによって「中間省略登記」を行うことが可能となります。

「三為業者」を利用することで、仲介手数料がかからない、場合によってはリフォームが不要になるといったメリットがあります。

しかし、買い主は売主と直接契約しているのではないので、本来売りに出されていた金額を知ることができないデメリットがあります。

「仲介業者」とは?

「仲介業者」は、不動産に関して使われる言葉です。

「仲介業者」は、大家さんと入居者の間に入って、便宜を図る業者のことです。

「仲介会社」とも呼ばれています。

部屋を探すとき、入居者は部屋探しをして、大家さんと賃貸契約を結んでなど、さまざまなことを行わなければなりません。

「仲介業者」は大家さんと入居者の間に入って、部屋探しの手伝いや契約がスムーズに運ぶように手伝うなど、さまざまな仕事をしてくれます。

「三為業者」と「仲介業者」の違い

「仲介業者」は大家さんと入居者の間のやり取りをスムーズにする手伝いをしてくれる業者です。

「三為業者」は、「中間省略登記」を行う業者です。

まとめ

どちらも誰かと誰かの間に入ってくれる業者ですが、行っている仕事が違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典