「上から目線」と「見下す」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「上から目線」と「見下す」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「上から目線」「見下す」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「上から目線」とは?

「上から目線」とは、相手を「見下す」ような偉そうな態度、言い方のことです。

自分より上の立場の人であれば、あまりこのような言葉は使いません。

例えば友達同士、同僚、といったように対等な関係であったり、もしくは自分より目下、後輩といった立場にある人が、偉そうに意見する、馬鹿にしてくるといった時に「あの子、常に上から目線で話すのがムカつく」「何で、あんなに上から目線?」といった風に使います。

「見下す」とは?

「見下す」とは、相手を自分より劣っていると思うことで、相手を小馬鹿にする態度、物言いをすることです。

しかし実際には相手の方が優れているといったこともありがちで、「見下す」といった言動をとる人は浅はかであることも多いものです。

本当に優れている人であれば人を「見下す」といった言動をとれば、自分の性格が悪いと思われたり、評価、評判が下がることが想像できますのであからさまなことはしないでしょう。

「これまで散々人を見下しておいて、助けてくれとは笑える」「見た目で客を貧乏だと見下すとは浅はかな店員だ」などと、使います。

「上から目線」と「見下す」の違い!

「上から目線」「見下す」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも相手を自分より下に見るといった意味では同じです。

「上から目線」とは対人関係において、相手に対して偉そうな態度や自分が上だと言わんばかりの物言いをすることです。

「上から目線」が続けば関係性はいずれ悪化しますし、嫌われることになるでしょう。

一方の「見下す」とは相手を自分より劣っていると思うことです。

そのような思いが態度、言葉に表れますので、相手との関係性が良好に保てなくなります。

「見下す」という人は、対等な対人関係が作れず「上か下か」といった価値観が強いとも言えるでしょう。

簡単にまとめますと「上から目線は偉そうな態度、物言い」「見下すは相手を劣っていると思い、小馬鹿にする」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「上から目線」「見下す」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも人に嫌われることですので、人の性格を表す時にこの言葉を使えばある意味「悪口」「批判」にもなります。

言葉の意味を正しく理解して、使っていくようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典