スポンサーリンク

「上出来」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「上出来」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「上出来」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「上出来」とは?意味

できあがりのようすや、物事の結果などが優れていること、またそのさまです。

「上」という漢字には、程度が高い、よい、すぐれるという意味があります。

「出来」とは、ものができること、できあがること、できあがった状態のことです。

こういったことから、「上出来」とはできあがったものが優れているという意味になります。

客観的にみて優れている場合も、主観的にみて優れている場合もいいます。

「上出来」の概要

できあがったものや結果が優れている、そうでないなど評価する場合には、何かと比較する必要があります。

その比較対象は、他人であったり、過去の自分であったりします。

走ることで説明をします。

Aさんは走るのが苦手で50m走のタイムは11秒で、運動会の短距離走ではいつもビリです。

他の人の中には50m走のタイムが9秒で、運動会の短距離走ではいつも1位、2位という人もいます。

それに比べるとAさんは優れていないといえるでしょう。

Aさんは速く走れるようになりたかったので練習をしました。

その結果、50mを10秒で走れるようになりました。

他の子と比べると優れたタイムとはいえないかもしれませんが、過去のAさんと比べると進歩しているといえます。

過去の自分と現在の自分を比べたAさんは、今の自分に満足をしました。

Aさんにとってこのタイムは「上出来」なのです。

今度はハンバーグのことで説明をします。

ハンバーグを自宅で作ってみました。

肉の質、調味料の配合、こね方、焼き加減などにこだわって作りました。

完成したものは、硬すぎることがなく、切ると肉汁がじゅわーっとしみ出してきて、デミグラスソースとの相性がばっちりです。

自分ではよくできたと思っており、家族にも好評です。

高級レストランで食べるものほどではないかもしれませんが、自分の中では優れた出来栄えだと思っています。

これは「上出来にできた」といいます。

「上出来」の言葉の使い方や使われ方

できあがったものや結果がすぐれていることを指して使用します。

優れているかを判断するには何かと比べる必要があります。

この言葉は、過去の自分と比べた場合や、他の人や物事と比べた場合、どちらの場合にも使用できます。

また、ある人は優れているとは思っていなくても、自分では優れていると思っている場合にも使用可能です。

「上出来」の類語や言いかえ

「よくできた」が似た意味の言葉です。

「よく」はうまくという意味で、「できた」はしあがる、つくりあげるという意味です。

完成したものが上手であるさまを意味します。

主観的にみた場合も、客観的にみた場合も、どちらでも使用できます。

まとめ

できあがったものが優れているという意味の言葉です。

過去の自分と比べて成長している、優れていると思う場合や、他と比べて優れている場合などに使用をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典