スポンサーリンク

「不仲」と「不和」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不仲」と「不和」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不仲」「不和」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

是非ともこの2つの違いを明確にしていただき、ご自分の知識にしてみてください。

また、使える場面等があれば是非とも活用してみてください。

スポンサーリンク

「不仲」とは?

最初に「不仲」の意味をご説明致します。

「不仲」の意味としては、単純に仲が悪いという意味を持っております。

例えばですが、デュオのアーティストがいたと仮定してください。

最初は仲良く活動していたものの、音楽性の違いや性格等の違いが生じてしまい、仲が悪くなってしまう際に「不仲」と使いますので、覚えておいてください。

「不和」とは?

次は「不和」の意味を解説していきます。

「不和」の意味としては、これも仲が悪いことや仲が悪くなってしまうことを意味しております。

そして、もうひとつの意味としては、仲たがいという意味でも用いられますので、是非とも把握しておいてください。

「不仲」と「不和」の違い

ここの項目では「不仲」「不和」の違いを解説します。

「不仲」「不和」の違いは、上で解説した意味を見ていただくと、自然に違いが分かるはずです。

「不仲」というのは、単純に仲が悪いことや仲が悪くなってしまう意味で使います。

そして、「不和」というのは、一般的にもつれやこじれてしまう意味を持ちます。

そして、仲が悪いという意味でも使いますし、仲たがいをしてしまった際にも使いますので、把握しておいてください。

「不仲」と「不和」の使い方の違い

ここで簡単にですが、「不仲」「不和」の使い方の違いを見ていきましょう。

「不仲」を使う場合は、「あれほど仲の良い兄弟だったのに、不仲になってしまったようだ」というのが分かりやすい使い方でしょう。

そして、「不和」の場合は、「何か不和が生じてしまったのだろう。

人の家庭の事なのでよくわからない」
というのがイメージしやすい使い方になるはずです。

「不仲」を使った例文

・『結成当時から不仲だったそうだ』
・『性格の不一致や金銭トラブルで不仲になってしまったようです』
・『不仲を解消したいと嘆いていた』
・『アーティストの不仲はファンからしてみると悲しい』
・『不仲から仲良くなる人もいるようです』

「不和」を使った例文

・『家族間で不和が生じてしまった』
・『不和を解消するには時間がかかるだろう』
・『お互いに歩み寄らないと不和は解消しない』
・『仲間内で不和が発生したようです』
・『不和というのは周囲の人も気を遣ってしまう』

「まとめ」

まとめとして、「不仲」というのは単純に仲が悪いことや仲が悪くなってしまうことを意味しております。

そして、「不和」というのは、仲が悪いという意味でも使いますが、仲たがいやもつれ等に対して使いますので、しっかりと理解して状況に応じて使ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典