「不利」と「不利益」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不利」と「不利益」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不利」「不利益」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不利」とは?

「不利」の意味と使い方について紹介します。

「不利」の意味

「不利」「ふり」と読みます。

意味は「利益にならないこと」「条件や形勢などが良くないこと」です。

「不利」の使い方

「不利」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「利益にならないこと」という意味で、ビジネスで「不利な取引」など、自分達にとって儲けにならない取引などに使われます。

こちらの意味は下で紹介する「不利益」と同じです。

2つ目は、「条件や形勢などが良くないこと」という意味で、「不利な条件」など、あるものごとをする上で、他の人達と比べて自分達の立場が悪くなる時に使われます。

基本的に比較するものがある時の表現で、日常会話ではこちらの意味で使われることが多くなります。

「不利益」とは?

「不利益」の意味と使い方について紹介します。

「不利益」の意味

「不利益」「ふりえき」と読みます。

意味は「利益にならないこと、損すること」です。

「不利益」の使い方

「不利益」はビジネスで使われる言葉で「利益にならないこと」、つまり「損すること」を言います。

「不利」が状況や立場などを表すのに対して、「不利益」は単純に「結果」を表す言葉で、実際にお金を損するに使われます。

「不利益な商売」は、続けても利益に見合わない商売のことです。

お金が「儲からない」のではなく、それをすることにより「返って損すること」に使われる表現です。

「不利」と「不利益」の違い!

「不利」は、「あるものごとに対して、条件や立場などが他より良くないこと」です。

「不利益」は、「ビジネスで儲けにならず、返って損すること」です。

まとめ

今回は「不利」「不利益」の違いをお伝えしました。

「不利は条件や立場が悪くなること」「不利益はお金が儲からないこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典