スポンサーリンク

「不動産売買」と「不動産仲介」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不動産売買」と「不動産仲介」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

不動産知識の基本である「不動産売買」「不動産仲介」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不動産売買」とは?

まず不動産ですが、土地やその上に建つ建築物を意味します。

具体的には、アパートやマンションなどの建物や橋などが建築物に当たります。

つまり、「不動産売買」とはそれらを売り買いする行為のことです。

「不動産仲介」とは?

不動産の売買は思っている以上に複雑で、日用品などの売り買いとは大きく異なります。

そのため、宅地建物取引業の免許を持つ会社に仲介を依頼するのが一般的です。

「不動産仲介」とは、売り手と買い手の仲介を行い、契約や手続きのサポートを行うことをいいます。

「不動産売買」と「不動産仲介」の違い

不動産の仲介とは、買い手の希望に沿う物件を持つ売り手を探し、売買の契約が成立するよう行うサポートのことです。

その過程の結果、不動産売買に繋がるのです。

つまり、仲介の成果が売買といえます。

まとめ

不動産を扱う会社を一般的には不動産会社と呼んでいますが、業務は多岐に亘ります。

売買以外にも賃貸や管理といった比較的分かりやすい業務もそうです。

中でも仲介業務は専門知識を要する領域です。

簡単に素人が手出しは出来ません。

だからこそ、仲介業者の存在は大きな意味を持ちます。

「不動産仲介」があるからこそ、「不動産売買」が成り立つ仕組みになっているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典