「九九」と「かけ算」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「九九」と「かけ算」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「九九」「かけ算」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「九九」とは?

「九九(くく)」とは、「1から9までの数をお互いに掛け合わせた一覧表」のことを意味しています。

「九九」を繰り返し唱えて覚えることによって、「かけ算の計算の基礎」を習得することができ、どんなかけ算も「九九」を応用して解くことができるようになります。

「九九」というのは、「小学生低学年の段階で暗記することを前提とした、1×1=1から9×9=81までの81個のかけ算の一覧表」のことなのです。

「かけ算」とは?

「かけ算(かけざん)」とは、「一方の数(被乗数)に対して他方の数(乗数)の回数だけ繰り返して和を取る計算(演算)」を意味しています。

「かけ算」というのは、「3×5=15、150×10=1,500」のような「四則演算の一つである乗算・乗法」を意味しているのです。

「かけ算」の逆の演算が「割り算(除算・除法)」であり、「かけ算(乗法)」の計算結果を「積」と呼んでいます。

「九九」と「かけ算」の違い!

「九九」「かけ算」の違いを、分かりやすく解説します。

「九九」「かけ算」「四則演算の一つである乗算」に関係しているという意味では共通していますが、「九九」というのは「かけ算のやり方を覚えてスムーズにかけ算ができるようになるために覚える1×1から9×9までのかけ算の一覧表」のことを意味しています。

「九九」「1から9までの数をお互いに掛け合わせたもので、これを覚えることでどんなかけ算でもできるようになるかけ算の基本」を示していますが、「かけ算」のほうは「九九を基本としながら158×15のような九九を応用して計算しなければならない数式を含むもの・四則演算の一つとなる乗算」を意味しているという違いを指摘できます。

まとめ

「九九」「かけ算」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「九九」とは「かけ算の基本となる1×1から9×9までを掛け合わせた一覧表・何度も唱えて覚えることでかけ算をスムーズに行えるようになるもの」を意味していて、「かけ算」「四則演算の一つである乗算・一方の数(被乗数)に対して他方の数(乗数)の回数だけ繰り返して和を取ったもの」を意味している違いがあります。

「九九」「かけ算」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典