スポンサーリンク

「予兆を感じる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「予兆を感じる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「予兆を感じる」の意味を分かりやすく説明していきます。

虫の知らせにまつわる言葉を、学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「予兆を感じる」とは?意味

予兆を感じるとは、これから何かが起きると感じること。

テレパシーのように、ピッとひらめく様子です。

嬉しい前ぶれを受け取ることもあれば「虫の知らせ」のように、不幸な出来事を感じてしまう場合もあります。

良いことも悪いことも含めて、事前にさとることが「予兆を感じる」です。

そもそも「予兆を感じる」「予兆」とは「兆し」のこと。

兆しというのは、未来において「何かが起こるかもしれない」と思わせてくれるメッセージです。

そのため「予兆を感じる」には、そうしたサインを受け取ること、未来からのメッセージを理解するという意味があります。

目の前に見えている風景や出来事から、人生の転機となるものを探っていくのが「予兆を感じる」です。

「予兆を感じる」の概要

「予兆を感じる」サインは人によって、色々なものがあります。

たとえば運命の人と出会ったとき。

初めてなのにどこか懐かしい、不思議な気持ちを抱くことがあります。

故郷や卒業した学校が同じなど、奇妙な巡り合わせを感じるケースもあります。

また地震が起こる前にカラスの群れや、いつもは見ない怪しい雲が空にたなびいていると感じることもあります。

こうした「事態が大きく変わるかもしれない」と前ぶれのように思うこと、五感で感じることが「予兆を感じる」です。

これらの気持ちはスピリチュアルの分野のように思えますが、決してそうではありません。

刻一刻と変わっていく世の中に、自分自身を対応させていくためにも「予兆を感じる」というのは、とても大切な行動になってくるからです。

未来のシグナルやサインに気付けるようになると、前もって心の準備をしていけます。

また悪いことに対する、対応策を練っていけます。

輝かしい人生にするために必要なものが「予兆を感じる」です。

「予兆を感じる」の言葉の使い方や使われ方

「予兆を感じる」はこのように使います。

・『空を見上げると、黒い雲が出ていた。悪天候の予兆を感じて、キャンプを切り上げた』
・『寒気がするなど風邪の予兆を感じたので、早めにベッドに入った』
・『七福神が出てくる夢を見た。宝くじが当たるような予兆を感じた』
「予兆を感じる」は兆しを敏感に、感じ取ること。

そのため空模様の変化や体調に異変があったときに使います。

幸運なことが訪れそうなシーンでも用います。

「予兆を感じる」の類語や言いかえ

「予兆を感じる」の類語には、このような言葉もあります。

・胸騒ぎがする
・予感がする
・気配がある
いずれも未来に、何かが起こりそうな場合に使います。

まとめ

「予兆を感じる」の意味と使い方をおさらいしました。

「予兆を感じる」とは、未来からのメッセージを受け取ること。

近いうちに何かが起きそうな、不思議な気持ちになる様子をあらわしています。

運命の声を知って、未来に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典