スポンサーリンク

「予算を抑える」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「予算を抑える」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「予算を抑える」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「予算を抑える」とは?意味

必要な費用がある水準を超えないようにすることです。

予算には、あらかじめ必要な費用を計算して出すこと、またその費用という意味があります。

たとえば、水道修理が必要になったとします。

依頼をすれば、あらかじめ修理に必要な費用を出してくれます。

このとき出された金額が予算です。

抑えるには、ある水準よりも大きくならないようにするという意味があります。

たとえば、プレゼントをしようと考えたとします。

プレゼントの価格は5000円までと決めたら、5000円を超えないようにすることが抑えるです。

こういったことから、「予算を抑える」とは、必要な費用がある水準よりも大きくならないようにするという意味になります。

「予算を抑える」の概要

何かをするには費用が必要です。

しかし、無尽蔵に資金を出せるわけではありません。

そのようなときに「予算を抑える」必要がでてきます。

また、貯金をしたいなどの理由で、この行為をすることもあります。

住宅を建てるときのことで考えてみます。

住宅を建てるときは、実際完成する前にどれくらいの費用がかかるのか計算をします。

このときに出された費用が予算です。

住宅にかけられる費用が2500万円だったとします。

しかし、計算をしてみると2800万円かかることがわかりました。

あと300万円、必要になる費用を減らしたいです。

そのときに行うことが「予算を抑える」です。

たとえば、不揃いの2階ではなく総2階、フェンスを設けない、階段を仕切らない、キッチンの吊戸棚は取りつけないなどをすると、住宅を建てる際にかかる費用が減ります。

こうして「予算を抑える」ことができます。

「予算を抑える」の言葉の使い方や使われ方

予算とは、あらかじめ必要な費用を計算をして出された金額のことなので、すでに金銭を払ってから、この言葉を使うことはありません。

また、あらかじめ費用を計算して出すことができないことにも使用しません。

生活に関係する費用については、予算という言葉は使わずに食費、水道光熱費、通信費などということの方が一般的です。

住宅の建設、葬儀、墓石の購入などは、あらかじめ費用を計算して出すことができるので、こういった事柄に使われることがあります。

これらは決して安いものではありません。

高額になるものに使われることが多い言葉です。

「予算を抑える」の類語や言いかえ

「費用を抑える」が似たような意味の言葉です。

費用とは、何かをするために必要な金銭のことです。

旅行に必要な金銭を抑えることを「費用を抑える」と表現することができます。

この場合は、予算よりも費用という言葉を使った方が自然です。

まとめ

いくらでも費用を出せる人は別にして、あることをするときに必要な金銭を抑えなければならないことがあります。

そのようなときに、この言葉が使用されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典