「事業を興す」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「事業を興す」

この10数年の間でビジネス業界は大きく変化してきましたが、それは個人で独立する人が増えてきたことです。

最近では、多くの企業が早期退職や再雇用と、就業観が大きく変化しており、現在勤めている会社で定年退職後に雇用を延長したり、社外出向で全く別の会社に転職する人もいます。

しかし、中には自分で会社を立ち上げたり、事業を始める個人ビジネスを始める人も少なくありません。

この時に出てくる言葉が「事業を興す(じぎょうをおこす)」という言葉ですが、今回はこの言葉の意味を見ていくことにします。

「事業を興す」の意味

「事業を興す」「事業」「興す」の2つの言葉から構成されていますが、それぞれの意味を見ていくと、「事業」とは「社会的な大きな仕事」「生産・営利を目的として経営する仕事」「企業または実業」という意味になり、「興す」とは「新たに物事を始める」「組織などを作る」という意味があります。

そのようなことから、「事業を興す」「新たな事業や会社を立ち上げる」という意味になります。

「事業を興す」の言葉の使い方

「事業を興す」という言葉を使う場面は、企業は新たな事業を作ったり、新企業を作る場面で使われることが多いのですが、最近では個人で脱サラで、仕事を始める時に使われることがあります。

「事業を興す」を使った例文・短文(解釈)

では、ここから「事業を興す」を使った例文を見ていくことにしましょう。

「事業を興す」の例文1

「私は30歳で自分で事業を興したのですが、経営が軌道に乗るまで10年かかった」

今ではインターネットを利用した個人ビジネスを始める人は増えていますが、昔は自ら会社を立ち上げることは、非常に難しいことと思われていたような感じがありました。

個人で「事業を興す」ことは大変なことですが、成功するのであれば早ければ早いほどいいのかもしれませんが、その一方でサラリーマン時代に培った経験や人脈を活用するために、40代、50代で「事業を興す」という人も少なくありません。

しかし、大事なことは個人でビジネスを作るには、何をすべきかを明確に持っておくことです。

「事業を興す」の例文2

「新事業を興すためには、どのようなことをしたいのか、ビジョンを明確にあておくことが大切だ」

前項でも触れたように今ではインターネットを活用した個人ビジネスを始める人が増えています。

それだけ「事業を興す」ハードルが低くなっていると言えますが、その一方でどの程度の人が成功しているのでしょうか?個人で「事業を興した」後に成功するためには、始める前にしっかりとビジョンを明確しておく必要があります。

「事業を興す」の例文3

「事業を興すためには人材も金も足りないので、少しプランを練り直す必要があります」

サラリーマンの人ならば、誰でも1度は個人で「事業を興す」ということを考えることがあるのではないでしょうか?自分でオーナーになって自分の会社を経営していくことを夢にしている人が多いですが、その夢を実際に果たそうとしても、現実的に難しいと途中であきらめる人も少なくありません。

それは、資金面、心材面などを含めて困難なことで難しいと判断してしまうのですが、「事業を興す」前にじっくりとプランを練り直すことが必要です。

「事業を興す」の例文4

「事業を興すことに向いている人は、責任感と自立心の高いことが必要だ」

個人で「事業を興す」ことはできたとしても、それも成功させるためには、起業に向く人の資質が求められます。

まずは、責任感の強い人で、年齢的には、50代〜60代の人で「事業を興す」ケースが多く、起業後に仕事を請け負った時に最後まで仕事をきちんとやり遂げて完成させるといったようなことができる人です。

次は、自立心の強い人で、個人で「事業を興す」人は他人から指示されることはありませんので、自分で何事も自ら決断して進めていく必要があります。

それに加えて明確なビジョンを持っていることも重要な条件となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典