スポンサーリンク

「二度寝」と「昼寝」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「二度寝」と「昼寝」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「二度寝」「昼寝」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「二度寝」とは?

「二度寝」とは、主に寒い時期の早朝に起こる一度目が覚めてから、起きて活動する前に再び寝てしまうことです。

意志に反して受動的に寝てしまうことが多いですが、わざと早く起きてから「故意に二度寝」をする人もいます。

「二度寝」の時間については人それぞれですが、健康に関するお話としては、概ね5分程度の時間を1度だけにとれば幸福感が得られるので、心身に良いという研究があります。

「昼寝」とは?

「昼寝」とは、昼間に眠ることで、別の言い方として午睡とも言います。

大人では、お昼に意志をもって能動的に寝ることですが、赤ちゃんでは、1~3時間程度の浅い睡眠を取ることも含みます。

健康のための「昼寝の時間」は、概ね30分以内にした方が良いとされています。

意志を持たずに寝てしまうことは、睡眠障害という病気ですので、「昼寝」とは明確な違いとなっています。

また、お昼以外の時間に寝ることは仮眠と言います。

「二度寝」と「昼寝」の違い

「二度寝」「昼寝」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらの言葉も睡眠についての言葉ですが、「二度寝」は、一度目が覚めてから起きて活動する前にまた寝てしまうことを指すのに対し、「昼寝」は、お昼の時間帯に寝ることを指します。

どちらにも共通して言えることは、1時間を超える「二度寝」「昼寝」は、健康に良くないという研究があります。

また、よくある誤用としては、お昼に寝ることを「二度寝」と表現してしまうと間違いですので気を付けた方が良いでしょう。

まとめ

「二度寝」「昼寝」の違いをお伝えしました。

「二度寝」とは、一度目が覚めてから、起きて活動する前に再び寝てしまうことで、「昼寝」とは、昼間に眠ることです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典