「些少」と「僅少」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「些少」と「僅少」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「些少」「僅少」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「些少」とは?

「些少」の意味と使い方について紹介します。

「些少」の意味

「些少」「さしょう」と読みます。

意味は「数量や程度がわずかなこと」です。

「些少」の使い方

「些少」は、数量や程度がわずかであることや、その様子のことを言います。

主に金品に関することに使われ、「些少ではございますが、どうかお納め下さい」などと使われます。

これは、本当に金額が低いという訳ではなく、あくまで謙遜する気持ちを表す言葉で、実際には大金だったりすることもあります。

日本語には「つまらないものですが」など、謙遜する言葉が多く、「些少」もその一つで「非常に少なくて申し訳ありませんが」という言葉の代わりに使われるのです。

「僅少」とは?

「僅少」の意味と使い方について紹介します。

「僅少」の意味

「僅少」「きんしょう」と読みます。

意味は「ほんのわずかであること」です。

「僅少」の使い方

「僅少」は、「ほんのわずかであることや、その様子のこと」を言います。

上記で紹介した「些少」と意味は似ているのですが、「僅少」の場合は「あることが分るけれども少ない」という事実を表します。

「僅」「わずか」とも読み、「少ないけれども確かにあること」という意味、「僅少」は少ないけれども数値として認められる時に使われ、謙遜の意味はありません。

金品だけではなく、あらゆるものに対して幅広く使われます。

お店で「在庫僅少」と表記されていた場合、「在庫が残り少ないのでお早目に」という意味になります。

「些少」と「僅少」の違い!

「些少」「数量や程度がわずかなこと、主に金品に対して謙遜の意味で使われる」です。

「僅少」「ほんのわずかであること」です。

まとめ

今回は「些少」「僅少」の違いをお伝えしました。

「些少は少ない事への謙遜」「僅少はわずかであるという事実」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典