スポンサーリンク

「交換」と「取替」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「交換」と「取替」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「交換」「取替」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「交換」とは?

「交換」は、今あるものを全く同じもので再度構成することにあります。

つまり、商品などに不良品が生じた際、商品を販売店に持ち込むことで全く同じものと受け取ると、「交換」が成立します。

逆に、まったく同じものを販売店側が用意できなかった場合、「取替」という扱いになり、商品は全く異なるものへと置き換わるのです。

「交換」の使い方

「交換」は、全く同じものを再度利用するために部品などを取り外して、再度同じものを取り付ける際に利用される言葉です。

全く同じものであるとしていますが、互換品も、一応同じ機能を有した商品群になりますので、大きく形が異なっていなければ、それらを取り付けることが可能であれば「交換」が成立します。

「取替」とは?

「取替」は、商品などに問題があった際、まったく別のものに置き換えることを意味する言葉です。

つまり、プリンターを使用していてプリンターに問題があり故障が発生した場合、同じ商品ではなく、別の商品にとって代われば「取替」が成立したとなります。

逆に、同じ商品を再度お店で取り寄せてもらいそれを利用した場合、「取替」は成立せず、「交換」となります。

「取替」の使い方

「取替」は、商品などが同じものが用意できず、別の商品を使用する必要性に迫られた際、「取替」を申し付けることで別の商品に置き換える際に使用します。

別の商品に置き換わりますが、商品自体は同じ機能を有したものと置き換えることが一般的です。

「交換」と「取替」の違い

「交換」「取替」の違いは、同じものに置き換えるか、あえて別のものに置き換えるかという違いです。

「交換」は、同じものに置き換えることで成立し、例えば、掃除機のカートリッジである紙パックなどの消耗品を同じものを使用することで成立します。

「取替」は、掃除機本体を別のものにすることで成立する言葉であるため、違いは、同じものとするかそうではないかです。

まとめ

「交換」「取替」の違いは、同じものを再度利用することにあるか、そうではないかです。

家電で考えると分かりやすく、エアコンのフィルターなどは、「交換」可能な部品で構成されており、商品の在庫が尽きない限り、同じものと取り換えることができます。

ですが、エアコン本体が壊れてしまえば、本体を再度同じものを使用するか、別のものに取り換えるという選択肢が生まれ、「取替」の場合は別のエアコンを利用することになるため、両者の違いは明白です。

さらに言えば、「交換」「取替」と異なり、寿命を迎えることでその部分だけを置き換えれば再利用できることを指しますが、「取替」の場合、まったく別のものにすげ変わる性質上、場合によっては取り換えた部品が適合せず、動作不良を起こしてしまい、本体の寿命を縮めたり、本体そのものを壊すことも考えられるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典