スポンサーリンク

「人の金で焼肉が食べたい」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「人の金で焼肉が食べたい」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「人の金で焼肉が食べたい」【ひとのかねでやきにくがたべたい】の意味や使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「人の金で焼肉が食べたい」とは?意味

「人の金で焼肉が食べたい」【ひとのかねでやきにくがたべたい】とは、自分のお金ではなく、他人に奢ってもらって思い切り焼肉が食べたいという意味があります。

自分でお金を出すのは嫌だけど、人に奢ってもらって食べた方がより美味しく感じると思う人がその欲望を満たしたいと思うときに使います。

焼肉好きな人にとって、思い切り人の金で食べられるのであれば値段を気にしなくてもいいのが嬉しいところであり、たらふく食べたいと思う人が値段を気にせずに「人の金で焼肉が食べたい」と思って使うようになりました。

「人の金で焼肉が食べたい」の概

2011年4月29日にtwitter(ツイッター)で鈴木氏がSNSへ書き込んだ「うひょー、ちょうど人の金で焼肉が食べたいと思ってたんだ」と書いたこのツイートから多くの人に知られることになった言葉です。

さらにこの言葉が拡散された理由には野球選手のイチローがこの文字が書かれたTシャツを着ていた姿がテレビで流れたことで一気に話題になりました。

そして、2021年1月27日に「人の金で焼肉が食べたい」との題名で株式会社から“GOKIGENJAPAN”(ごきげんじゃぱん)から曲が販売されたことで若者にこの言葉が広く浸透します。

鈴木氏のこの言葉に多くの人が共感し、自分も人の金で焼肉が食べたいと思い、多くの若者が共感する言葉となったのです。

「人の金で焼肉が食べたい」の言葉の使い方や使われ方

お金がないので、人の奢りで焼肉を思い切り食べたいと思ったとき「人の金で焼肉が食べたい」とつぶやくときに使われています。

お金があっても使いたくないと思ったとき叫んでもいいでしょう。

自分のお金で食べるよりも、人に奢ってもらった方が美味しく感じると思うときに使って、自分の欲望を言い表すときにも使える言葉です。

このように、人から奢ってもらいたいという欲望が強いときに使えば、自分の気持ちを表現できる言葉となりますが、奢ってもらうという行為は恥ずかしくないかと思ったときは自分の気持ちと格闘しつつ、やはり奢ってもらいたいとの欲求を再確認したときに「人の金で焼肉が食べたい」と思えば使えます。

「人の金で焼肉が食べたい」を使った例文(使用例)

・『今月はかなり金欠だ。人の金で焼肉が食べたい』
・『牛角やカルビ王国でもいいから人の金で焼肉が思い切り食べてみたい』
・『人の金で焼肉が食べたいほど今の俺の心と財布は満たされていない』
金欠なときはプライドも捨てて、とにかく人に奢ってもらい焼肉が食べたいと思う自分の貪欲な考えを言い表したときに使えます。

多くの人は緊張せず自由気ままに食べられる牛角やカルビ王国で思い切り焼肉が食べたいと思う人は多いのです。

心も財布も満たされていない状態で悲しいとき「人の金で焼肉を食べて満たしたい」と思う気持ちを言い表せる言葉にもなります。

まとめ

本当ならば、人に奢ってもらうのはプライドがなく、恥ずかしい行為であると考える人は多いですが、そんな気持ちをグッと抑えてまで「人の金で焼肉が食べたい」と強く思うのはかなり金欠であるか、心が満たされずにつらい状況であるという状態を伝えられる言葉になるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典