「人付き合い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「人付き合い」とは?意味

「人付き合い」には、「他人との付き合いや交際」という意味があります。

「人付き合い」の読み方

「人付き合い」の読み方は、「ひとづきあい」になります。

「人付き合い」の表現の使い方

「人付き合い」の表現の使い方を紹介します。

「人付き合い」は、「他人との付き合いや交際」を意味します。

そこで、他人との付き合いや、交際について話す時、「人付き合い」という言葉を使ってみましょう。

例えば、みなさんの中には、他人との付き合いが苦手という人がいるかもしれません。

できればひとりでいたいと思う人もいるでしょう。

このような自分の心情を、他の人に伝える時、「私は人付き合いが苦手です」などと、「人付き合い」という言葉を使って、説明してみましょう。

逆に得意な人は「人付き合いが得意です」「人付き合い」という言葉を使ってアピールしてみましょう。

「人付き合い」を使った例文や短文など

「人付き合い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「人付き合い」を使った例文1

「『人付き合い』が面倒で、会社を辞めてしまった」

この例文は、人と付き合うことが面倒になり、会社を辞めてしまったという文章になります。

このように「人付き合い」には、「他人との付き合いや交際」という意味があります。

「人付き合い」をしなくていい職業に転職したり、起業するひとも中に入るかもしれません。

「人付き合い」を使った例文2

「『人付き合い』がいい彼氏は、なかなか家に帰ってこない」

この例文は人との付き合いがいい彼氏を持った彼女についての文章になります。

「人付き合い」がいい彼氏は、誘われたら飲み会などに参加してしまうため、家にはなかなか戻ってこないという文章になります。

「人付き合い」の類語や類義語・言い換え

「人付き合い」の類語や類似を紹介します。

「交際」【こうさい】

「交際」「人と人とが互いに付き合うこと」を意味します。

「異性と交際する」という文章には、「男女が互いに付き合うこと」という意味があります。

「男女交際」「交際を始める」などという使い方をします。

「触れ合い」【ふれあい】

「触れ合い」には「触れ合うこと」という意味があります。

また「心を通わせること」を意味します。

「心の触れ合いを大切にする」という文章には、「心を通わせることを大切にする」という意味があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典