「今度」と「次回」と「今回」の違いとは?英語の違いも分かりやすく解説

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「今度」の意味とは?

「今度」の意味とは、最も近い将来・何回か行われる事柄の中で今、行われていることや、また行われたばかりであることを表現しています。

「今度」という言葉は、よく活用するので聞いたことがありますし、身近に活用する機会も多いはずです。

上手に「今度」を用いることで、かなり文章表現をスムーズに行うことができたり、最も近い将来のこととして捉えることができるなど、「今度」は日常的に活用する言葉なので理解しておきましょう。

「次回」の意味とは?

「次回」の意味とは、繰り返して行われている事柄や定期的に行われる物事において、次の回を示す場合に「次回」と活用します。

日常生活の中でも「次回」とはよく活用する言葉なので、把握しておくと便利です。

やはり次の回にまわすように指摘される時など「次回」と表現することがあるため、その辺はきちんと認識しておきましょう。

「今回」の意味とは?

「今回」の意味とは、 今行われている、回のことです。

今、実際に行われている回のことを「今回」と言うので、しっかりと認識しておきましょう。

よく「今回」という言葉は、日常生活においても使用するので、理解した上で活用するとワンランク上の文章を作成することができます。

今の回といった表現において、活用する言葉なので、きちんと理解しておきましょう。

「今度」と「次回」の違い

「今度」「次回」の違いについてご紹介します。

「今度」は、最も近い将来のことや、何回か行われる中で近々行うことを「今度」と表現します。

「次回」は、何度か繰り返して行われている中において、次の回のことを「次回」といいます。

これにより、繰り返し行われている中で次に行う際には「次回」を用い、最も近い将来のことなど「今度」という言い方をするので、違いを理解することができるでしょう。

「今度」と「今回」の違い

「今度」「今回」の違いについてご紹介します。

「今度は、」最も近い将来のことや、何回か行われる中で近々行うことを「今度」と表現します。

「今回」は、今、行われている回のことを表現しているので、「今回」というと今、行うことを対象としているのがわかるはずです。

「今度」とは、最も近い未来のことをさしていますが、「今回」は今、実際に行われていることを表現しているので、違いをきちんと認識しておくようにしましょう。

「次回」と「今回」の違い

「次回」「今回」の違いについてご紹介します。

「次回」とは、何度か繰り返して行われている中で、次の回に実行することを「次回」と表現します。

「今回」は、今、実際に行っている回のことが対象になっているので、その違いを理解することができるでしょう。

「次回」は次の回のこと、「今回」は今、実際に行っている回のことが対象になりますので、そこはきちんと把握しておきましょう。

「今度」と「次回」と「今回」英語の違い

「今度」「次回」「今回」英語の違いをご紹介します。

英語は用い方によって単語が様々変化するので、そこはきちんと認識しておきましょう。

「今度」“This once”、次回は“The next time”、今回は“This time”です。

“for this once”

「今度だけは」といった解釈になります。

よく用いる英語表現なので理解しておきましょう。

「今度」という言葉は、英語でも様々な場面で利用するので、活用方法を理解しておくと上手に英文作成ができます。

“Continue to next time”

「次回に続く」といった解釈になります。

よくテレビドラマの最後に出てくる表現なので「次回」といった表現は、日常的にも目にする機会が多い英文表現です。

“It worked this time”

「今回はうまくいった」といった解釈になります。

今、行ったことはうまくいっている時に活用する表現方法です。

英語では用いる機会も多い活用法なので理解しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典