スポンサーリンク

「今後」と「今度」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「今後」と「今度」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「今後」「今度」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「今後」とは?

「今後」【こんご】とは、今よりも後、これから、という意味です。

熟語の「今後」に使われている漢字を見てみると、「今」は現在、この瞬間を意味し、「後」は特定の時間・場所よりもあとであることを意味しています。

このことから「今後」とは、時間の概念を表し現在よりも後を指す言葉とであることがうかがえます。

「今後」は、現在から始まる時間の流れを指す言葉です。

たとえば「今後」と意味の近い言葉には「将来」「未来」があります。

どれも先のことを表す言葉ですが「将来」「未来」が漠然とした先の時間を指すのに対し、「今後」「現在を起点に始まる先の時間」を明確に指しているといった特徴があります。

類語は「以後」【いご】や「以降」【いこう】です。

漢字の「以」「~よりも」という意味を持ち、「今後」と同じニュアンスで使われています。

「今後」の例文

・『今後1日間は絶食してください』

・『今後は十分に注意します』

・『今後ともよろしくお願いいたします』

「今度」とは?

「今度」【こんど】は、今回、あるいは現在に対して少し過去や未来を指す言葉です。

漢字の「度」は回数、その時、などの意味を持ち、「今」と組み合わされることで、今現在あるいは最近あった機会を表します。

「今度」は何度か訪れる機会のうちのひとつを指しますが、微妙に違う複数のニュアンスを持つ言葉です。

たとえば「この度」「今回」という意味で使われるほか、今現在にごく近い過去の「この前」、あるいはごく近い未来を指す「次」や近い未来に訪れる次の機会の「次回」という意味で使われています。

「今度」の例文

・『今度営業課に配属された山田です』

・『今度のカレーはとても上出来だ』

・『今度、発表会があるので見に来てくださいね』

・『今度こそ絶対に負けないぞ』

「今後」と「今度」の違い

「今後」「今度」の違いを、分かりやすく解説します。

「今後」は現時点よりも後のことです。

「今度」は、今回、または現時点よりも少し前か少し先の時点を指す言葉です。

両者を比べると、まず「今後」は現在より後の時間だけを指すのに対し「今度」は現在、過去、未来を指すところが異なります。

次に「今後」は時間の概念を表しますが「今度」は回数、何度か訪れる機会のひとつを指しているところが違っています。

ただ、近い将来に訪れる予定や時期を指す場合は「今後」「今度」のどちらを使っても通用する場合があります。

「今度」「今回」「次回」の両方の意味を持つように、「今後」「今度」も、前後に用いる言葉によってニュアンスが変わってくる言葉といえるのです。

まとめ

「今後」「今度」は、共通して「今」という漢字が含まれるため、意味がよく似ている印象を受けます。

ただし、それぞれの意味と使い方は異なります。

日常生活やビジネスシーンで頻出する言葉なので、適切な使い分け方を理解しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典