「他人」と「他者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「他人」と「他者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「他人」「他者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「他人」とは?

「他人(たにん)」とは、「自分以外の人(特に具体的に見たり話したりできる人)」を意味している言葉です。

「他人」という表現には、「親族や夫婦ではない人・特別に親しい関係にない人」といった意味合いもあります。

例えば、「他人の悩みまで聞いている時間はない」といった文章で使われます。

さらに「他人」の言葉は、「その問題(物事)に無関係な人」といった意味も持っています。

例えば、「他人は口出ししないでください」といった文章で使えます。

「他者」とは?

「他者(たしゃ)」とは、「自分以外の人(特に抽象的・一般的な自分以外の他の人)」を意味している言葉です。

「他者」の表現は「自分以外のすべてのもの」という意味で使われることもあり、その場合は「人間以外の動物・もの」も合わせて意味しています。

例えば、「他者の思考内容は厳密には知ることができない」「自分以外の他者も合わせて世の中が成り立っているのです」などの文章で使用できます。

「他人」と「他者」の違い!

「他人」「他者」の違いを、分かりやすく解説します。

「他人」「他者」はどちらも「自分以外の人」という同じ意味を持っていますが、「他人」「具体的で実際に目で知覚している自分以外の人」のニュアンスが強く、「他者」のほうは「抽象的で一般的な自分以外の人」のニュアンスが強い違いはあります。

「他人」には「他者」にない、「夫婦や親族ではない人・特別親しい間柄ではない人」の意味もあります。

さらに「他人」の表現は「他者」にない、「その物事に関係がない人」といった意味合いも持っている違いを指摘できます。

例えば、「他人は黙っていろ」という文章を「他者は黙っていろ」と言い換えると、不自然な文章になってしまうのです。

まとめ

「他人」「他者」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「他人」とは「自分以外の人」「親族ではない人・特別に親しい関係にない人」「その問題に無関係な人」を意味していて、「他者」「自分以外の人」「自分以外の人全般を抽象的に表現する言葉」「自分以外のすべてのもの」を意味している違いがあります。

「他人」「他者」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典