「他人に無関心」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「他人に無関心」

「他人に無関心」な人がいます。

このような人が会社の職場にいたり、学校にいるのを知っているかもしれません。

また、あなた自身が「他人に無関心」なタイプの人かもしれません。

それでは実際に「他人に無関心」とは、どのような状態を言うのでしょうか。

具体的な特徴を挙げる事ができる人は少ないかもしれません。

そこで、「他人に無関心」の意味や、特徴や使い方を紹介します。

「他人に無関心」の意味

「他人に無関心」という言葉には「自分以外の人に、興味を示さない」という意味があります。

血のつながりのない人に対してはもちろん、家族に対しても、兄弟に対しても興味を持たない人は「他人に無関心」と言われてしまいます。

社会は人と人の協力で成り立っていますから、「他人に無関心」な人は異分子な人として、ネガティブな見方をされる事が多いでしょう。

そのため「他人に無関心」という言葉はネガティブな意味で使われる事が多いでしょう。

「他人に無関心」の言葉の使い方

「他人に無関心」という言葉は、どのような場面でどのように使えばいいでしょうか。

まず誰にも興味を示さず、自分だけの世界で完結しているような人をみつけたら、「他人に無関心な人」と言ってみましょう。

また、飲み会などに頻繁に参加し、みんなとの会話には加わっているけれど、人間に興味を持っていないに見える人もいます。

このような人は「他人に無関心」なのかもしれません。

あなたの周辺にこのような人がいたら、「他人に無関心」という言葉を使ってみましょう。

「他人に無関心」を使った例文

「他人に無関心」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「他人に無関心」という言葉を使った文章を見て行きましょう。

「他人に無関心」の例文1

「A君は、自分の話しかしないので『他人に無関心』なのかもしれない」

誰かに関心を持ったり興味を示すと、その人の事が知りたくて質問が多くなります。

そのため、例文に登場するA君のように会話をしていても、自分の話はするけれど、質問をしない人は「他人に無関心」なのかもしれません。

「他人に無関心」の例文2

「Bさんは人の話を聞かずにスマホばかり見ている、『他人に無関心』な人だ」

人と一緒にいるのに、スマホばかり見ている人は、「他人に無関心」な人かもしれません。

少なくとも目の前にいる人に対しては、興味を持っていない事が分かります。

またたくさんの人が集まる場所でもスマホばかり見ている人は、高い確率で「他人に無関心」な人でしょう。

あなたの視線が人の顔ではなく、スマホの画面ばかりに集中してしまうとしたら、「他人に無関心」な可能性があります。

「他人に無関心」を分解して解釈

「他人に無関心」を分解し、それぞれの意味を解釈します。

「他人」「無関心」のそれぞれの意味を紹介する事で、「他人に無関心」の意味がより深く理解できるでしょう。

「他人」の意味

「他人」には、「自分以外の人」「他の人」という意味があります。

さらに「血のつながりが無い人」「他人」と呼ぶ事もがあります。

また、仕事をしている時などに、仕事に関係のない人に対して「他人」と呼ぶ事もあります。

「他人の出る幕ではない」というフレーズは、「関係ない人」という意味での「他人」として使われています。

「無関心」

「無関心」という言葉には、「気に掛けない人」「興味を示さない事」という意味があります。

例えば親が子供の事を気に掛けない場合、「子供に無関心な親」と言われます。

さらに「スポーツに無関心」というフレーズでは、「スポーツに興味を示さない」という意味になります。

何かが熱烈に好きで強い興味がある反面、興味がない事には「無関心」な人、また全体的に「無関心」な人がいるなど、「無関心な人」は様々なタイプに分かれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典