「仲たがい」と「仲たがえ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「仲たがい」と「仲たがえ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「仲たがい」「仲たがえ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「仲たがい」とは?

「仲たがい」とは、「仲が悪くなること・不和(不仲)になること」「人間関係が悪化しているさま」を意味している言葉です。

「仲たがい」「たがい」「違う(たがう)の名詞化」であり、「二人の仲(関係)が悪くなること・二人の考えや気持ちがたがうこと(ズレて対立すること)」を意味しています。

例えば、「あんなに仲良しだった二人が仲たがいするとは信じられません」といった例文で使えます。

「仲たがえ」とは?

「仲たがえ」とは、「仲(関係)を悪くすること・不和(不仲)になったこと」「ある人との人間関係を決裂(断絶)させたこと」を意味している表現です。

「仲たがえ」「たがえ」「違える(たがえる)の名詞化」であり、「二人の仲(関係)を悪くすること・人間関係を決裂(絶縁)させること」といった意味のニュアンスがあります。

また「仲たがえ」「仲たがえした」の用法が多く、「仲(人間関係)を悪化させた・決裂させた・断絶させた」という「人間関係悪化の完了」のニュアンスも持っています。

「仲たがい」と「仲たがえ」の違い!

「仲たがい」「仲たがえ」の違いを、分かりやすく解説します。

「仲たがい」「仲たがえ」もどちらも「人間関係が悪くなること・不和(不仲)になること」を意味している同義語であり、意味の違いはほとんどありません。

一般的には「仲たがえ」よりも「仲たがい」のほうがポピュラーな表現であり、使っている人が多いという違いは指摘できます。

「仲たがい」「たがい」「違う(たがう)の名詞化」「二人の仲が悪くなっている現状の様子」といったニュアンスがあり、「仲たがえ」「たがえ」のほうは「違える(たがえる)の名詞化」「二人の仲を悪くする(悪くした・決裂させた)」という「関係悪化の完了」のニュアンスが強くなっている違いはあります。

まとめ

「仲たがい」「仲たがえ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「仲たがい」とは「仲が悪くなること・人間関係が悪くなっているさま」を意味していて、「仲たがえ」「仲を悪くすること(悪くなること)・人間関係を悪化(決裂)させたこと」を意味している違いがあります。

「仲たがい」「仲たがえ」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典