スポンサーリンク

「仲のいい人」と「好きな人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「仲のいい人」と「好きな人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「仲のいい人」「好きな人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「仲のいい人」とは?

「仲のいい人」の意味は以下の通りです。

1つ目は「一緒にいて楽しいと思う人」という意味で、その人と一緒にいると気兼ねせずに心地よいと感じる人のことを言います。

2つ目は「相性が合う人」という意味で、趣味や性格が似ていて、一緒に同じ体験を共有できる人のことを言います。

3つ目は「心から相手を思いやれる人」という意味で、相手の為だと思えばきついことでも助言して、ケンカになったとしても仲直りできる人のことを言います。

上記に共通するのは「自分に無理せずに付き合える人」という意味です。

「仲のいい人」の使い方

「仲のいい人」「一緒にいて楽しいと思う人」「相性が合う人」「心から相手を思いやれる人」などの意味で使われます。

同性・異性どちらにも使える言葉で、年齢や立場なども関係ありません。

類語として「友人」「親友」などがあり、素直な気持ちで親しく付き合える関係に使われる言葉です。

「好きな人」とは?

「好きな人」の意味は以下の通りです。

1つ目は「自分が気に入って一緒にいたいと思う人」という意味で、単純に「好き・嫌い」で判断したもので同性・異性どちらにも使えます。

2つ目は「恋愛対象として意識している人」という意味で、相手に好かれたい、恋愛をしたいと思っていることを言います。

上記に共通するのは「自分の好みに合う人」という意味です。

「好きな人」の使い方

「好きな人」「自分が気に入って一緒にいたいと思う人」「恋愛対象として意識している人」という意味で使われます。

「好き」という言葉は、異性だけではなく友達や家族、ペットなどに幅広く使われ、「好きな人」も相性のよしあしだけで判断する場合は誰にでも使えます。

ただし、恋愛感情を含む言葉で、社会人になってから他人に使う時には誤解される可能性もあるので注意が必要です。

「仲のいい人」と「好きな人」の違い

「仲のいい人」「素直な気持ちで親しく付き合える人」という意味です。

「好きな人」「自分が気に入って一緒にいたいと思う人」「恋愛対象として意識している人」という意味です。

「仲のいい人」の例文

・『彼が休んだ理由について仲のいい人に訊いてみよう』

・『SNSで仲のいい人と直接会えることになった』

・『仲のいい人同士で部屋割りを組んだ』

・『同じ部署に仲のいい人がいるので救われる』

「好きな人」の例文

・『好きな人に告白したいが恥ずかしくて無理だ』

・『好きな人から急に呼び出されて非常に動揺している』

・『好きな人同士でグループを作っていいですよ』

・『先生は自分の好きな人だけを贔屓する』

まとめ

今回は「仲のいい人」「好きな人」について紹介しました。

「仲のいい人」「親しく付き合える人」「好きな人」「気に入っている人」「恋愛対象の人」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典